ブログ・ドクターコラム

歯肉炎ってどんな病気?

2020年02月17日

歯肉炎とは、名前の通り歯茎に炎症を引き起こしている状態を指します。

症状が酷くなると歯茎から血が出てしまったり、さらに進行すると歯が抜けてしまうといった可能性もあります。

 

また、歯肉炎を発症していると口臭の直接的な原因にも繋がっていきます。歯肉炎を発症する原因は様々ですが、最も要因が大きいのは歯垢です。

歯垢は、プラークとも呼ばれており、歯の間や歯と歯茎の間に出来た細菌の塊の事を言います。

この歯垢の細菌が歯茎に入り込む事によって歯肉炎を引き起こしてしまいます。歯肉炎が酷くなってしまうと歯周炎へと進行していき、最終的には歯茎に膿が溜まってしまったり、歯がぐらついたり抜け落ちてしまうといった状態へと繋がっていってしまいます。

 

歯肉炎は、炎症が進行してしまうと歯茎の炎症だけでなく、歯が脱落したり口臭など様々な口内トラブルへと進んでいってしまいます。そのため、歯肉炎にならないようにプラークコントロールを行う事が最も重要となっているのです。

 

プラークコントロールは、毎日の歯磨きの徹底に加えて、歯と歯や歯と歯茎の間の歯垢を除去する事などが挙げられます。さらには、薬用のマウスウォッシュなどを使ったり、ブラッシングやデンタルフロスを使う事で歯の間に歯垢が溜まらないように予防する事が出来ます。

 

日々のケアを確実に実践する事で歯肉炎や歯周炎といった歯の病気を未然に防ぐ事が出来ます。適切なプラークコントロールが重要となります。

専門職である歯科衛生士と歯科助手の違い

2020年01月20日

歯科というのはご存知のように医科と同様に人間の体の一部である歯や口腔内を修復する医業として大切な任務があります。 歯科の先生というのは此のように大切な任務がありますので、資格を得るには専門の大学を卒業して尚且、歯科医師国家試験に合格しなければなりません。

ところで、歯科の先生が患者さんに対して治療を施す場合は補助者や介助者が必要になります。 其の介助者として必ず先生の周りにいて支持を仰ぐのが、歯科衛生士や歯科技工士、其れに歯科助手ということになります。 周知のように歯科の補助業務として任務に付いている方は概ねは女性(最近は男性もいるようです)になりますが、これらの歯科衛生士や歯科技工士という方々も国家試験に合格した専門士の役割になります。

歯科技工士は専門性の高い技術職の仕事で直接、歯の治療や歯の形を整形するような業務になりますが、更に歯科衛生士というのは、虫歯や歯の病気や疾患を予防することや其のための口腔、口内衛生の向上を図りながら健康づくりをサポートする専門職ということになります。

特に最近では人々の健康づくりが盛んで、其の中でも歯に関することや口腔(口の中全体)を通じた健康づくりが注目を集めていて、役所の保険センターや子供達等の幼稚園や保育園、小学校等の教育関係機関、更には企業関係の医務室、老人や療育施設など、歯科衛生士の役割や活躍の場所が広がっているのです。

一方、歯科治療や医院を営むにはどうしても事務方などの間接的な業務も必要になってきます。 医療事務や受付け、医療室の衛生管理や清掃など、あらゆる雑務的な仕事を賄うのに必要なのが歯科助手ということになります。 勿論、歯科助手というのは前者のような直接的に歯の治療などには携わることもなく国家資格なども必要なく、歯科医師の指示に従って業務を行えば良いことになっています。

医療費控除って何?

2019年12月09日

「医療費控除」という言葉をよく耳にしますが、どのような制度なのでしょうか。

医療費控除は、その年の1月1日から12月31日の間に支払った医療費の合計額が10万円(1年間の総所得金額等が200万円未満であった方は、総所得金額等の5%)を超えた金額の分を、総所得金額から引いて所得税を計算してくれる制度です。

ずいぶんと医療費にお金がかかったな、という年に所得税がちょっとでも少なくなるのはとても助かります。

この医療費の合計額というのは、納税するご本人だけではなく、その方と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った分も合算することができます。
歯科治療では保険診療のほかに自由診療もありますが、医療費控除の対象になるものとならないものがあるので注意が必要です。

 

一般的な水準を著しく超える特殊なものは医療費控除の対象外となってしまいます。

 

また、治療に通うためにかかった交通費も合算できます。ただし、バスや電車などの公共交通機関を利用したものは対象となりますが、マイカーで通院したときにかかったガソリン代は残念ながら対象外になるなど、細かいルールがあります。気になる治療費や通院費がある場合は、事前に税務署などに確認をした方が良いでしょう。

また、医療費控除を受けるためにはサラリーマンであっても確定申告をする必要があります。通常は、領収書を見て「医療費控除の明細書」を作り、確定申告書に添えて提出します。ですから、医療機関で受け取った領収書は大事に保管しておくことが大切です。

歯科衛生士と歯科助手の違いとは?

2019年11月04日

歯科に行くと歯科衛生士さんと歯科助手さんがいますが、この2つの職業の違いを知らない方は意外と多いかと思います。

実はこの2つの職業は大きく違うのです。

 

まず歯科衛生士です。歯科衛生士は厚生労働省指定の養成所等を卒業し、国家試験に合格した人のみがなれる国家資格の必要な職業です。業務内容は大きく分けて3つあります。歯や歯肉の状態確認をし、器具を使って歯石を取り除いたり、虫歯予防のお薬を塗ったりする「歯科予防措置」、保育所や学校、高齢者施設等で歯磨きの指導などを行う「歯科保健指導」、歯科医のパートナーとして患者さんの口の中を触ることができるため、診療のサポートを行う「歯科診療補助」です。

これらの歯科医療業務は専門職である歯科衛生士にしかできません。歯科衛生士は国家資格が必要な専門職なだけに、お給料も歯科助手と比べると平均で約10万円程度の差があるようです。

 

次に歯科助手です。歯科助手は歯科アシスタントとも呼ばれ、受付事務、片付けや掃除、診療のための雑務など歯科医療業務以外の業務を担当する職業で、国家資格は必要ありません。そのため、スクールなどで独自に作られた資格を1~2年制のコースで取得します。これは国に認められた資格ではないため、歯科衛生士のように専門的な歯科医療業務は行えません。

もしも行った場合は罰則があります。歯科助手は歯科衛生士と比べてできる仕事の範囲が狭いため、その分お給料も下がってしまうというわけです。歯科衛生士は専門的な歯科医療業務を行える医療業務従事者なのに対して、歯科助手は専門的な医療業務の行えない一般事務職ということになります。

当医院でも歯科衛生士と歯科助手が患者様のケアをサポートしております。

自費診療と保険診療の違い

2019年10月21日

歯科医院に行って歯の治療を受ける時には自費診療と保険診療というのがあります。ですが、基本的には歯科医院に行っても保険診療になると思っている人が大半だと思います。

なぜなら、歯の治療をする以上は保険が適用されると思うからです。
では、実際に自費診療と保険診療の違いはどこかというと、自費診療の場合は
一切保険が適用されずに治療費は全額自己負担になります。

保険診療の場合は保険が適用されるので治療費の一部だけ負担すれば良いです。
また、自費診療と保険治療で違いがあるのは単に保険が適用されるかどうかだけでなく、治療に使う材料でも違いがあります。

保険診療の場合は保険を使って歯の治療を行うので当然治療に使う材料は安い材料を使用します。ですが、自費診療の場合は全額自己負担なのでどのような材料を使っても良いので高い材料を使って治療もできます。

なので、自費診療と保険診療の違いというのは単に負担額の違いだけでなく
治療の内容にまで違いが出てきます。

また、同じ歯の治療でもどのような治療をやるかも変わってきます。
保険診療の場合は保険診療で許される範囲の治療しかできないですが、
自費診療の場合はもっと違った方法を選んで治療できるという違いがあります。

自費診療なのでその分高額な治療も可能になって患者がより望む治療を受ける事が可能になります。

なので保険診療ではできない治療法で歯の治療ができるという違いがあるのも
自費診療の特徴です。

歯のメンテナンスってなんで大切?

2019年09月16日

歯磨きをしっかりやって虫歯にならないようにしている人は多いです。
ですが、歯のメンテナンスが大事だと思っている人は意外とそこまで多くないです。

なぜなら、歯で一番大事なのはいかにして虫歯にならないかが大事だと思っている人が多いからです。そして、そのためには自分で歯磨きをしっかりやっていれば良いと思ってしまうからです。

ですが、それは間違っていて実際には普段からしっかり歯科医院に通って
歯のメンテナンスをするのが大事になります。

なぜなら、歯のメンテナンスをしないと気づかない間に歯に悪い影響が出ている事があるからです。特に自分ではしっかり毎日歯磨きをしていると思っていても
歯磨きがそこまで上手でないという人もいます。

そういう人は定期的に歯科医院に通って歯のメンテナスを受けた方が良いです。
それで間違った歯磨きをしていた場合も正しい歯磨きの仕方を指導してもらえますし、また歯に異常があった時にすぐに対処してもらえます。

そして歯のメンテナンスを受ける一番の意味は虫歯になった場合の対処です。
歯を磨いていても虫歯になっている事は案外あります。

また虫歯になった時でも歯のメンテナンスを受けて入れば虫歯になってから
早い段階で気づけるので早く治療できるというメリットもあります。

これで通常なら虫歯になって歯を削らないといけないのが歯を削らなくても
簡単な治療で済むので歯のメンテナンスは定期的にやった方が良いのは確かです。

年末年始休業のお知らせ【2017年】

2017年12月03日

 

年末年始の12月29日(金)〜2018年1月8日(火)は冬期休暇となります。

年末の最終診療日は12月28日(木)、年始の初回診療日は1月9日(火)となります。

 

今年も皆様には大変お世話になりました。新年も何卒よろしくお願いします。