ブログ・ドクターコラム

歯周病を放置するリスクについて

2019年07月15日

口の中の病気として、歯周病はよく知られていますね。

 

歯周病は、歯に溜まった汚れであるプラークとそのなかの歯周病菌によって炎症が起こり、歯周組織が傷むことが原因になります。ほかにも喫煙や他の病気の影響、歯ぎしりや歯並びの悪さなどが原因になります。

歯周病はすぐには痛みが出るわけではないので、放置してしまう人が多いんです。しかし、ずっと放置することによって、歯茎が痛み、支えを失った歯が抜けてしまうことにつながります。

さらには、体内に入り込んだ歯周病菌が、他の重大な疾患を引き起こすリスクがあります。たとえば誤嚥性肺炎といって、歯周病の原因菌が気道にはいって起こるケースが多いです。口腔内の細菌が入ることで起こる病気には細菌性心内膜炎などもあります。また動脈硬化が悪化して、脳梗塞や心筋梗塞につながることもあります。糖尿病や肥満など、他の生活習慣病を引き起こす傾向も高いです。また早産のリスクも高くなります。

歯周病は、単なる口のなかの病気ではなく、かなり多くの病気に関係していることがわかりますね。
最初は歯磨きの途中に歯茎から血が出る、歯茎が腫れて痛い、などの症状が気になる程度です。進行するにしたがって歯がぐらつき、歯茎が腫れてしまう、など症状がひどくなっていきます。

日本人の成人の約8割がかかっている病気と言われていますが、本人は気づかずに放置し、症状が悪化してから歯科医院に行くケースも多いです。気になる症状があったら、早めに診察を受けることが必要です。

歯肉炎を放置しておくと、歯を失うことになるかも?

2019年06月10日

歯肉炎とは、文字通り、歯肉(歯茎)に炎症がある状態のことです。歯茎が赤く腫れたり、歯磨きの時に歯茎から出血したり、といった症状が現れます。

歯肉炎は痛みを伴うことが少ないため、気が付かないことが多く、症状が進行してしまうこともあります。歯茎の腫れがひどくなると歯と歯茎の間に隙間ができ、そこに細菌が入り込んで、ますます炎症が進む、という悪循環に陥ります。

 

さらに悪化すると、歯を支えている歯槽骨が溶けてしまう歯周病へと進行します。歯周病になると、最悪の場合、歯を失うという結果になりかねません。

歯茎からの出血は歯肉炎のサインなので、早めに対処する必要があるのです。
歯肉炎が起きる最も大きな原因は、歯と歯の隙間や、歯と歯茎の間に付着するプラーク(歯垢)です。プラークは、いわば細菌の塊です。この細菌が歯肉に侵入することで、炎症が起こるのです。

プラークは粘着性が強く、一度付着すると、うがいをした程度では決して綺麗になりません。

歯にこびり付いたプラークは、時間がたつと固くなり、歯石になります。歯石になると、歯ブラシでは落とすことができなくなり、歯石が細菌の温床となって症状が進み、ついには歯周病へと進行するというわけです。

歯肉炎の予防で大切なのは、丁寧に歯を磨くことです。歯ブラシだけではなく、歯間ブラシやデンタルフロスを使うことで、プラークを落とすことができます。

また、定期的に歯科医院に通ってチェックをしてもらい、口腔ケアを習慣づけることも大切です。

歯肉炎を放置しておくと、歯を失うことになるかも?

2019年04月08日

歯肉炎とは、文字通り、歯肉(歯茎)に炎症がある状態のことです。

歯茎が赤く腫れたり、歯磨きの時に歯茎から出血したり、といった症状が現れます。

 

歯肉炎は痛みを伴うことが少ないため、気が付かないことが多く、症状が進行してしまうこともあります。

歯茎の腫れがひどくなると歯と歯茎の間に隙間ができ、そこに細菌が入り込んで、ますます炎症が進む、という悪循環に陥ります。

 

さらに悪化すると、歯を支えている歯槽骨が溶けてしまう歯周病へと進行します。歯周病になると、最悪の場合、歯を失うという結果になりかねません。

歯茎からの出血は歯肉炎のサインなので、早めに対処する必要があるのです。
歯肉炎が起きる最も大きな原因は、歯と歯の隙間や、歯と歯茎の間に付着するプラーク(歯垢)です。

 

プラークは、いわば細菌の塊です。この細菌が歯肉に侵入することで、炎症が起こるのです。
プラークは粘着性が強く、一度付着すると、うがいをした程度では決して綺麗になりません。

 

歯にこびり付いたプラークは、時間がたつと固くなり、歯石になります。

歯石になると、歯ブラシでは落とすことができなくなり、歯石が細菌の温床となって症状が進み、ついには歯周病へと進行するというわけです。

歯肉炎の予防で大切なのは、丁寧に歯を磨くことです。

歯ブラシだけではなく、歯間ブラシやデンタルフロスを使うことで、プラークを落とすことができます。
また、定期的に歯科医院に通ってチェックをしてもらい、口腔ケアを習慣づけることも大切です。

歯周病の原因と症状、予防について

2018年04月23日

 

口の中には300~500種類もの細菌が存在しています。

歯周病は、これらの細菌の感染から引き起こされる炎症によって起こります。

 

口の中の細菌は、食べ物の残りカスや糖分などを栄養源として繁殖し

ネバネバとした物質を作り出します。

この物質は歯垢(プラーク)と呼ばれ、歯の表面や歯と歯茎の隙間などに定着します。

 

粘着性が高いので、歯磨きをしても落ちにくく、どんどん増えていきます。

またプラークは増殖する際に酸を出すため、歯の表面のエナメル質を溶かし、虫歯の原因となります。

さらに、歯茎に侵入して炎症を起こます。この炎症が歯周病なのです。

 

歯は、歯茎にある歯槽骨によって支えられています。

歯周病が進行すると、プラークの酸によって歯槽骨も溶けてしまうため

歯がぐらつくようになり、最悪の場合は、抜歯することになります。

 

歯周病の恐ろしさは、初期の段階では、痛みがなく、自覚症状がないことです。

気が付いた時には、病状が進行している場合が多く、歯を失う原因のトップとなっています。

 

歯茎が赤く腫れているように思える、朝起きた時、口の中がネバネバするようになった

口臭が気になる、歯が長くなったような気がする(=歯茎が下がってきた)などといった

症状が当てはまると、歯周病の可能性があります。

 

歯周病を予防するためには、歯周病の原因となるプラークを作らせないことが重要ですが

どれほど丁寧に歯磨きをしても、磨き残しが出たり

また、磨きにくい部分にプラークが定着したりします。

そのため、定期的に歯科医院に通い、しっかりと口腔ケアをすることが大切です。

 

枚方市牧野の石原歯科・矯正歯科では、皆様が健康な歯を維持できるように

3か月に1度の定期検診をお勧めしております。