ブログ・ドクターコラム

何歳から矯正治療ってできるの?

2019年08月19日

時期が早いケースでは、乳歯でも治療を受ける場合があります。ただし子供の顎の骨格によっては、すぐに治療できない場合もあり、適切な時期に治療をすることが大切です。

もちろん年齢が若いほど身体が成長し、歯も動きやすいため、積極的な治療が可能なこともあります。

 

もし大人になってからの治療した場合ではどうでしょうか。年齢が若い時に比べると歯が動きにくいため、治療が長期化する場合があります。

 

またすぐに矯正治療ができない場合もあります。

例えば親知らずを抜く必要があったり、抜歯が必要な時もあります。そうなると通院が多くなり、大人になってからの治療は長期にわたって続くため、治療費も高くなりがちです。

また歯は後戻りという、元の場所に戻ろうとする性質があります。長い時間間違った位置にあった歯は、正しい位置に動かしてもその分後戻りが起きやすく、装置をはずした後もマウスピースをはめるなど、管理が必要です。

このように大人になってからの治療するよりは、少しでも早く治療をすることが大切です。

 

しかし早ければ全ての人が治療を受けられるわけでもありません。子供の成長スピードもそれぞれです。

重要なのはそれぞれに必要な矯正治療のタイミングを見極めることです。歯並びが気になったらまずは相談に行き、治療計画を聞きましょう。

 

子供のうちから矯正治療を受けることにより、正しいかみ合わせができ、食べ方の癖を治すきっかけにもなります。そして少しでも長く笑顔で過ごせる時間が増えていきます。

小児矯正は保険控除になるのか?

2019年04月01日

小児矯正とは歯並びをきれいに整える、医療行為の一種です。

小学校入学前もしくは小学生くらいのお子さんに対して行われる矯正に対して使われる言葉です。

 

一般的な歯医者で治療を受けることができますが、その費用は保険控除の対象になるのか、ならないのかによって変わってきます。

保険控除とは通常の医療費に対し、3割負担で済む公的な制度のことです。

しかし、矯正治療は多くの場合で自由診療に該当します。

 

自由診療だと10割負担となるため、多額の費用が必要になってしまいます。

ところが、小児を対象とする矯正の場合、厚生労働省が定めた基準に当てはまることが多いため、保険で安く治療を受けられるケースも珍しくありません。

 

咬合異常が認められること、顎変形症の手術で矯正が必要だと判断された場合などが当てはまります。

子供に対する歯科矯正の殆どが噛み合わせを良くする目的であるため、美容目的のみでなければ保険で治療できると判断して良いでしょう。

 

また、医療費控除の対象に関してもほぼ同様だと思って大丈夫です。

医療費控除とは、税の申告の際に払いすぎた分が還付される制度です。

控除の対象は、矯正をはじめとする必要な歯科治療の全費用と、通院のために支払った交通費です。

 

但し、交通費についてはバスや電車などの公共交通機関の利用が対象で、自家用車のガソリン代は医療費控除が適用されません。

お子さんでも安心して通える方法

2018年10月29日

お子さんのいらっしゃる患者様の悩みでよくあるのが、子供をどうやって歯医者に連れて行くかということです。
行かないといけないのに、子供が嫌がってしまっては本当に苦労しますし、親御さんも本当に大変でしょう。

嫌がる子供を歯医者さんに連れて行く方法としてはまず、ご褒美で釣ってみることをお勧めします。
そんなことをしたら後々大変なのでは、ご褒美がないと行かなくなるのではと思ってしまうかもしれません。

ですが、行かないと苦労するのは子供自身です。
もちろん親御さんも大変なわけですが、何かあったら一番大変なのは子供ですし、そうなると余計歯医者に行きたくなくなってしまいます。

ですので、まずは歯医者に行くことが先決です。

そのためには、ご褒美で釣るというのも致し方ないと思います。

 

ただ、歯医者に行くわけですから、甘いもので釣るというのは無しですね。
それでは意味がありません。

 

甘くなければいいのかと思われるかもしれませんが、そこは当院の先生としっかり相談したほうが良いでしょう。
こういうのは控えたほうがいいというのは、聞けばちゃんとお伝えするようにしています。

もちろん、ご褒美方式を続けていくのは好ましくありません。
そしてもし、ご褒美がないなら歯医者に行かないなんて言い出したら、放っておいたらどんなふうになってしまうか、教えてあげる必要があると思います。

そうすれば、ご褒美がなくても行くようになるのではないでしょうか。

小児矯正を受ける3つのポイント

2018年03月26日

 

最近、うちの子供の歯並びが悪くなってきた・・・なんて気にし始めて、気になって眠れなくなったことはありませんか?

クラスの他の子はきれいな歯並びなのにどうしてうちの子だけ?それは恐らく遅かれ早かれご本人が一番気にされるようになります。親しい友達同士になると、外見のお洒落をお互いに真似したりしてどうしても自分の外見が気になり始めるものですよね。お悩み解決には、早期の小児矯正を選択肢に入れて頂きたいと思います。

 

「歯科矯正って言葉は知っているけど、自分じゃ経験ないし不安」

「子供って言ってもかなり高くつくイメージ、金額は大丈夫?」

 

今日はそんな皆さんの不安にしっかりお答えしていきたいと思います。

 

小児矯正を受けるポイントは大きく3つあります。

1.治療内容と治療期間の把握

2.実際にかかる費用

3.お子様の気持ち

 

小児とは一般的には15歳未満を指します。つまり年齢の早い時期に治療を受けることを指します。治療期間は大きく2つに分けられます。

1.一期治療・・・おおむね6歳から小学校3年生程度、ちょうど乳歯が抜け始めて永久歯(大人の歯)が生え始める時期です。この時期はまだ骨が柔らかいため歯の生えそろう間隔などを調整しながらの治療となります。比較的短期間での治療効果が得られ1~2年程度の治療期間で済みます。この期間が一番、小児矯正にかかるコストが小さく済みます。

2.二期治療・・・こちらは大人の矯正治療と同じ内容になりますが永久歯が生えそろっている前提での治療です。ある程度骨格が固まってくる時期ですので、一期の期間では気が付かなかった問題もこの頃から顕著に現れるようになります。

二期の治療期間は歯並びやあごの状態で大きく変わり、高校生までの治療が必要な場合もあります。費用は一期治療よりも高くなっています。小児矯正では一期だけで済ませる場合もありますが、お子様の成長は高校生まで続いていきますので実際は、一期から二期を通じて治療される方も多くいらっしゃいます。

矯正治療は経済的な負担は決して小さくありませんが、歯並びが悪くなって苦しむのはお子さんご自身です。かみ合わせは健康面以外にも勉強、運動などにも影響が出ることで知られています。特に思春期にもなると、お子様ご自身がすでにその影響を感じていらっしゃることが多く、海外では頻繁に小児矯正治療が行われています。実際に小児矯正を受けられてその後を有意義に過ごされる方が多いと感じています。

 

小児矯正をお考えの方は、石原歯科・矯正歯科まで気軽にご相談ください。