ブログ・ドクターコラム

今から始める口臭対策

2020年02月24日

ふとした時に自分の口臭が気になったことはありませんか。人と至近距離で会話をした時や、マスクを着用している時、歯磨きをしている時などに口臭がキツくなったと感じる方は多いようです。

口臭の原因はストレスや病気、ホルモンバランスの乱れなど様々な要因で起こります。また、よくお酒を飲んだりタバコを吸う人は口臭がキツくなる傾向にあります。

 

口臭は、口腔内に何かしらの異常が発生しているために起こります。まずはその原因を探ることが大切です。
よく年齢が上がると口臭がキツくなると言いますが、これは虫歯や歯周病が原因であることが多いです。どうしても年齢が上がると歯茎が痩せ細ったり、歯のエナメルが少なくなりますので虫歯や歯周ポケットが出来やすくなります。

 

そうならないためには、定期的に歯医者を受診することが大切です。歯医者へ通うことで、歯周病や虫歯を早期発見できますし、他に気付かなかった病気が判明する可能性もあります。

特に急に口臭が悪化したという方は、早目に歯科検診へ行くことをおすすめします。

 

また、金属などの被せものが体質に合っていなかったり、その被せた場所周辺の汚れが取りきれていなかった場合にも口臭が起こります。どうしても被せものの周辺は磨き残しがあります。それが虫歯となり、口臭に繋がるのです。
口臭に気をつけためにはまず、歯科検診を受けること、毎日歯間ブラシなどを使用してしっかり歯磨きをすることが口臭予防に繋がります。

口臭を気を付けるために知っておくべきポイント

2020年02月10日

口臭を気を付けるためには、口臭の原因になるものを知らなければいけないと思います。
口臭の原因には、生理的口臭と病的口臭の二つの原因があります。
口臭は誰にでも起こるものです。

時間帯によっても口臭があるときもありますし、ストレスによるものや、生活習慣、飲食によってもちがいます。
口臭の多くが生理的口臭です。口臭が強くなっているなと感じるときはあります。

そんなときは、口の中が不快な状態に。
なので、自分でも口臭に気がつくことがあります。

原因には、舌苔によるもの。
舌の上に付着している白いヨゴレのこと。
時間帯や舌の動き、体調によって厚く付着すると硫黄ガスのようなにおいがあります。

他にも、口の乾燥。
就寝時や緊張時、唾液が減少して口の中が乾燥します。
そうすると細菌が繁殖、口臭がでてしまいます。

口呼吸をしている場合にも乾燥して、口臭が強くなります。
そして食べ物によるものや歯垢や膿栓、ホルモンバランスなどでも口臭がでることがあります。

病的口臭では、歯周病や虫歯などでも口臭があります。
口臭の予防のためにも歯磨きは1日に2〜3回する、フロスをするなどの対策も有効です。

歯磨きは朝と夜は必ずするようにします。
歯と歯の間の汚れは歯ブラシではなかなかとれません。

そのために、夜寝る前にデンタルフロスをすることで口臭予防できます。
あと、舌苔が多く付いていると口臭の原因になります。

舌ブラシでそっとなでるようにこすってヨゴレをおとします。
しかし、舌苔も落とすためにごしごし擦りすぎると逆効果に。やり過ぎると口臭の原因になってしまうので注意が必要です。
口の中の乾燥を防ぐためには、唾液をよく出すことを心がける。よくかむやよく話すことを意識します。
乾燥しているなとおもったら、キシリトールガムをかむと唾液がでます。

もちろん定期的に歯科医にかかるなども有効です。

歯垢や歯石を取り除いてもらったり、歯や歯ぐきの健康状態も小まめにチェックしてもらうことで、口臭予防になります。
一番の口臭予防は、健康だということ。

十分な睡眠、規則正しい生活、食生活、ストレスをためないなど気を付けることで口臭予防になると思います。

口臭を気を付けるためには

2019年12月16日

口臭を気を付けるためには歯磨きがもちろん重要です。

歯磨きをしないと、食べカス等の汚れによってあっという間に口臭が出てしまいます。毎日欠かさず歯磨きをすることは重要ですが、歯磨きをしても口臭が出てしまっているケースもあります。それが、すでに虫歯や歯周病になってしまっているときです。

 

虫歯や歯周病になっていると、口臭が発生しやすくなり歯磨きをしたところでその臭いは消えません。口臭を消したいのであれば歯医者さんに行って治療をしてもらうことが先決です。。

 

虫歯や歯周病などからくる口臭を改善したら、あとはその状態をキープするために定期的な歯磨きをすることが重要です。ただ、歯磨きだけでは不十分です。

 

口臭に対してできる対策はほかにもたくさんあります。たとえば口の中が渇いて菌が繁殖して口臭が出てしまう対策として水分補給が有効ですし、唾液減少による口臭の対策としてはガムを噛むというのも有効です。

 

そのほか、マウスウォッシュや歯間ブラシなども口臭対策として有効です。とにかく口臭というのはちょっと放置していると発生してしまうものなので、気を付けすぎということはありません。

 

ちなみに、口臭の意外な原因としては舌の汚れもあります。舌には舌苔と呼ばれる口の中の粘膜の死んだ細胞だったり、食べカスだったり、血液成分などが付着していることが多いです。

 

そして舌苔は悪臭を放ちます。歯磨きの時にこまめに舌も磨いてあげないと舌苔から口臭が出てしまう場合があります。口臭予防をしたいなら歯磨きの時に舌も磨くことをおススメします。

口臭の原因と改善方法

2019年10月07日

 

口臭がある場合、自分で気づかないこともあります。

そんな時、知らず知らずのうちに、ほかの人に嫌な思いをさせえていることになりますね。
そのため、自分に口臭がないのか点検をすることが大事です。
その時、自分で気づくことができないと思った時には、誰か信頼できる人に聞きましょう。
家族などに聞くと、一番いいですね。

その口臭があるとわかった時、できるだけ速やかに歯科受診をすることが大事です。
そレは、口臭の原因として歯周病などになっている可能性が高いからです。
歯周病の場合は、できるだけ早く受診をすることで、その進行を遅らせることができます。

その時、良い歯科医院を受診したいですね。
石原歯科・矯正歯科は牧野の歯科医院の中でも、有名となっている医院です。

口臭治療についても、石原歯科・矯正歯科では、丁寧な説明を行ってもらうことができるのです。
そのため、安心して受診をすることができます。
早めの治療が大事です。
口臭をできるだけ早く治すためにも、牧野の歯医者 石原歯科・矯正歯科にご相談ください。

口臭を気を付けるためには

2019年09月09日

口臭というのは、自分自身ではあまり気付きにくいという特徴もあります。そのために、できるだけ日頃からしっかりとケアをしておくことが大切です。

 

特に、虫歯の放置や歯周病、それらを治療せずにいると、口臭のもとにもなります。そこで、口臭を気を付けたいという方であれば、虫歯や歯周病ケアを十分しておきましょう。

 

歯のメンテナンスは非常に大切ですし、それが口臭予防にもつながるのです。もし、虫歯や歯周病をケアせずそのままにしておけば、周囲の方々に口臭で不快にさせることもあるでしょう。

 

自分の口臭というのは気付きにくいので、できる限り積極的に歯科に通って口臭ケアをしてください。口臭があるとマイナスですし、他の人に迷惑をかけてしまうことも考えられます。おそらく、あなたも他人のタバコのニオイであったり、コーヒーのニオイを感じた経験があるでしょう。

 

口臭はいろいろありますが、虫歯、歯周病でも口臭を発することも考えられるのです。口臭を防ぐためにも、日頃から十分なケアが大切になります。ちょっとしたケアにより、口臭を予防することができるので、口臭を気を付けたいのであれば、歯をしっかりと磨き、歯周病にもならないようにしてください。

 

もし、虫歯ができてしまった場合は、すぐに治してもらいましょう。そうすることで、かなり口臭を改善できる可能性が高いです。普段の心がけにより、口臭をケアできますし、定期的に歯のメンテナンスをしてください。

口臭のにおいの原因について

2019年02月10日

あなたは口臭を気にしたことがあるでしょうか?口臭にはいくつかの原因があるのですが、その中には虫歯の放置によって口臭が発生しているということも考えられます。虫歯を治療せずに放置していると、口の中に雑菌が蓄積されていき、その結果、口臭のにおいの原因となっていることも多くあるのです。そのために、口臭のにおいが気になっているという方であれば、もしかしたら虫歯が原因かもしれません。

口臭を改善するためにも、虫歯をしっかりと治療して治すということも大切になるでしょう。そうすることで口臭の原因が取り除かれ、口臭の嫌なにおいが改善されることもあります。虫歯を治療するのが怖いという方も多いかもしれませんが、虫歯をずっと放置したままにしておくのはかなりリスクもありますし、口臭のにおいの原因にもなるために、治療することが重要です。

そこで、石原歯科・矯正歯科でしっかりと治療し、口臭のにおいを取り除けるようにするのがおすすめです。石原歯科・矯正歯科であれば、適切な治療方法で虫歯を治療し、口臭をケアしていくことができます。口臭で悩んでいるという方や、人から指摘された経験があるという場合、石原歯科・矯正歯科で治療をしていくのも良いでしょう。そうすることで、口臭のにおいの原因がわかり、改善していくことができるかもしれません。虫歯が原因で口臭がひどくなっていることも決して珍しくはありませんし、適切に治療していかないとデメリットも多いのです。