ブログ・ドクターコラム

今話題になっているのBPSデンチャーとは

2019年05月15日

今話題になっているのBPSデンチャーとはどういうものか全く分からなないという人もいるかと思います。ではBPSデンチャーとは一体何かというとハメても絶対に落ちないズレない入れ歯の事です。

これを使う事で普通の従来の入れ歯を使うのとは全く違って実際の口の型から
入れ歯を作るのでそれぞれの口の中に合わせて入れ歯を作ってもらえるので
単に入れ歯がズレないだけでなく、不快感もなく入れ歯を使えるという良さがあります。

従来の入れ歯ではどうしても使う人の口腔内に合った入れ歯を使う事ができませんでした。そのせいで食事をしていても全く美味しく食べる事ができませんでした。

ですが、BPSデンチャーの入れ歯を使う事でよりそれぞれの口に合った入れ歯を作る事が可能になって違和感を感じる事なく入れ歯を使用できるようになります。

従来の入れ歯では実際の口にフィットしないのでちょっとした拍子ですぐに
入れ歯が外れる事もありました。ですが、BPSの入れ歯ならそういう事もなく
しっかりハマるのでちょっとした拍子で入れ歯が取れるという事もないです。

そして、これだけの入れ歯を実現できたのはリヒテンシュタインにある歯科企業の
イボクラールビバデント社が開発したシステムによって精密な入れ歯の製作が可能になって実現しました。

どんなに良い入れ歯でも自分に合ってなければ不快に感じるのが入れ歯です。
そういう不快さを排除して入れ歯を使っている感覚なしで使えるのがBPSデンチャの良さです。

今だから知りたい!総入れ歯とは

2019年05月08日

総入れ歯とは、上下顎もしくは上顎・下顎どちらかすべての歯を失った方が、失った派の代わりとして使用する取り外し可能な入れ歯のことです。
失った派を人工歯によって補います。

総入れ歯は、歯茎の部分と人工歯から構成されています。歯茎の部分が粘膜に吸着することで安定させており、人工歯を通じて「噛む」という感触をあごの骨に直接伝険診療の範囲内で作成される総入れ歯の歯茎の部分はプラスチックで作成されています。
このプラスチックは非常に透明性が高く健康的な歯茎の色調に近づけられるものです。

人工歯は硬質レジン歯と呼ばれるプラスチックやセラミックで作られた歯からできています。
また、歯茎粘膜の部分に直接触れる部分はつるつる滑らかになるまで磨き上げられており、舌や唇・頬等周囲の組織と調和して自然な見た目を作り出しています。

その他、入れ歯の表面に細菌が付着することを防いでいます。

歯を失った場合、早めに入れ歯を入れることができなければ、顎の骨まで退縮してしまうため、早めの製作が必要です。
20代のうちから総入れ歯になることも少なくありません。

若い方や女性は総入れ歯に抵抗のある方もいらっしゃいますが、そこから何年も続く人生のために異変を感じられたら早めに歯医者へと足を運ばれてください。

今だから知りたい!部分入れ歯とは

2019年05月01日

歯の治療法には色々なものがありますが、進行が深くなったものは抜歯をすることもあります。抜歯後の処置としては義歯としての入れ歯やブリッジ、インプラントなど色々な手段がありますが、手軽にできるものとし部分入れ歯をする方は多くいます。

部分入れ歯とは両隣の歯に金属製のバネを掛ける方法が一般的です。こちらのバネ式のものは保険適用となっているので比較的安く作れる一方で、金属製という性質から部分入れ歯の箇所が目立ってしまうという審美面での問題もあります。最近ではこのような方に自費診療として金具を使わない部分入れ歯もあり、金属製でないためにアレルギーや負担などが少ないというメリットもあります。

部分入れ歯に限らず入れ歯などは取り外しができるために、使わない時は外して入れ歯洗浄剤を使い保存をしておく必要があります。また部分入れ歯の両隣の歯は汚れやすくなるので、しっかりとした歯磨きを心掛けましょう。部分入れ歯の方専門の歯ブラシなどもありますのでこれを使うのをおすすめしますが、これとは別に部分入れ歯用の歯ブラシも分けておくのも大切です。部分入れ歯自体を綺麗にする歯ブラシは義歯専門のブラシか古くなったブラシなどを活用するのもいいでしょう。

このように部分入れ歯はしっかりと綺麗にしておく必要があるので、何か気になることがあったら歯医者さんに相談するのをおすすめします。

スマートデンチャーを選ぶメリット

2018年11月26日

スマートデンチャーとは金属のバネを使用しない部分入れ歯で、他人に気付かれないことが特徴です。

 

歯の治療をする時は状況に応じて最適な方法を決め、矯正して日常生活に支障をきたすことがないようにする必要があります。金具は歯との隙間を作ると食べかすが詰まりやすく、ズレて違和感があることや炎症が起きることを防げて効果的です。歯の矯正は歯科で検査を受けて最適な方法を決めてもらい、部分入れ歯をする時は目立たないようにして噛み合わせを良くすると効果があります。

 

スマートデンチャーは入れ歯を弾力性がある素材で固定し、金具とは違い目立ちにくくなることや隙間がなくなることがメリットです。金具は金属アレルギーなどを起こしやすくて不安になりますが、使用しないため安心して矯正できます。治療を受ける時は多くのメリットがあるように感じますが、取り外し式のため不要な場合はきれいにするように医師の指示にしたがってケアをすることが大事です。

 

スマートデンチャーのメリットは通常のプラスチックよりも軽く、違和感がなくて噛み合わせが良いことです。装着する時は歯をきれいにしないと意味がなく、歯磨きをして周囲に汚れが残らないようにすることが求められます。金属床は使用する時に併用し、噛みやすくなるようにしないと効果が出ないため注意が必要です。使用方法は医師に検査を受けてアドバイスを参考にすると流れを把握でき、第一印象を良くして今後の生活を安心して過ごせるようになります。

部分入れ歯のメリット・デメリット

2018年08月27日

部分入れ歯にするか迷っている時に知りたい方へ、

部分入れ歯のメリット・デメリットを書いていきます。

 

まず診察方法は保険適用と自費があり、術後の効果以外に費用が大きく変わるため

当院で検査を受けて最適な方法を決めると安心して受けることができます。

保険適用の場合は入れ歯は材質にプラスチックのレジンを用いるために

厚さがあるため熱が伝わりにくく、多少の違和感を感じることがあります。

 

自費治療の場合は薄くて熱が伝わりやすく周囲からの見た目が良くなり

ズレることや痛みが発生しないようになることが魅力です。

 

歯科で診察を受ける時はそれぞれのメリットやデメリットを確かめ

今後の人生につながるようにしてもらう必要があります。

 

ブリッジの治療も保険適用と自費があり、前者の場合は見た目が不自然になりますが

後者は悪さを改善してくれるために気にならないことがメリットです。

入れ歯は保険適用されてインプラントのように高額になることを防げますが

硬いものを食べにくいことや歯間につまりやすく不衛生になりやすいです。

 

部分入れ歯は歯科技工士と打ち合わせをして最適な形状にすることを考え

よく噛めるようにして食事などをしやすくすると満足できます。

 

歯の治療を受ける時は保険が適用されるか否かで治療費が大きく変わりますが

メリットやデメリットを確かめて最適な方法を決めることが大事です。

インプラントと入れ歯の違い

2018年07月31日

インプラントと入れ歯の違いはたくさんありますが

一番大きな違いは人工歯根があるかどうか、という点です。

 

インプラントは顎の骨に人工歯根を埋め込んでその上に歯を造るという治療になりますが

入れ歯は手術などは必要なく歯茎の上に義歯をおくだけということです。

 

そのため入れ歯の方が歯を失ってすぐに対応でき、完成までの待ち時間も短くて済むわけです。

 

また材質によっては健康保険が適用されることもあり

インプラントに比べると安価に造ることが出来ます。

しかし、違いはそれだけではありません。

 

もしインプラントであれば人工歯根に完全に固定されるために

噛みあわせを正確にとることができますし、外す必要がありませんから

歯磨きなどの一般的なケアで良いです。

 

柔らかい樹脂部分がないので臭いの心配もありませんし

がたつきがなくて発音も問題ないでしょう。

 

しかし入れ歯は噛みあわせをとるのが難しい上に外して洗浄し

専用の物に保管するなどケアに手間がかかります。

 

臭いもつきやすいですし、発音が不明瞭になりやすいというデメリットもあります。

 

インプラントにもデメリットはありますが

それが完成するまでに時間がかかるということと、高額な支払いが必要になるということです。

 

一度インプラント治療しておけば、その後の手間暇かかる

入れ歯特有のデメリットはありませんから、両者のいろんな面をしっかりと考えて

納得するまで何度も説明をしてもらって決めるようにしましょう。

入れ歯ならスマイルデンチャー

2018年04月16日

あなたの歯は大丈夫でしょうか?

ある程度の年齢になると歯がボロボロになってしまったり、入れ歯を考えなくてはいけないケースも珍しくありません。

 

ですが、入れ歯って年寄りくさくて嫌!という方や、入れ歯だと目立ってしまったり、

付け心地が良くない!ということもありますよね?

 

そこで、そのような悩みを持っている人に魅力的なのがスマイルデンチャーになります。

 

スマイルデンチャーは金属を使わず、歯に優しいナイロン樹脂を使って作られているので

入れ歯が目立ちにくく丈夫なのです。

 

そして、噛みやすくて痛くないですし、フィット感もかなり優れているというメリットがあるのです。

耐久性であったり、噛みやすさや目立ちにくさもあって非常にスマイルデンチャーには魅力が多くあるでしょう。

 

たくさんの歯科が存在するのですが、その中でも牧野の石原歯科・矯正歯科であれば

スマイルデンチャーの手術も安心して行うことができます。

 

金属製の入れ歯だと痛かったり、入れ歯だとわかるということも多いですが

スマイルデンチャーだとその心配がないので、たくさんの方々にマッチするのではないでしょうか。

 

もちろん、その際にはしっかりと担当医に相談をし

どのような過程で施術していくのかを聞くことも大切です。

 

牧野の石原歯科・矯正歯科だと丁寧な説明でしっかりとわかりやすく解説して

患者様一人一人に合った治療を行いますので

歯・入れ歯のことで悩みを抱えているという方でしたら、ぜひ一度ご相談ください。

 

<当院のスマイルデンチャーの詳細はこちら>

https://ishihara-dentalclinic-ortho.jp/smile_denture/