自費診療と保険診療の違い

自費診療と保険診療の違い

2019年10月21日

歯科医院に行って歯の治療を受ける時には自費診療と保険診療というのがあります。ですが、基本的には歯科医院に行っても保険診療になると思っている人が大半だと思います。

なぜなら、歯の治療をする以上は保険が適用されると思うからです。
では、実際に自費診療と保険診療の違いはどこかというと、自費診療の場合は
一切保険が適用されずに治療費は全額自己負担になります。

保険診療の場合は保険が適用されるので治療費の一部だけ負担すれば良いです。
また、自費診療と保険治療で違いがあるのは単に保険が適用されるかどうかだけでなく、治療に使う材料でも違いがあります。

保険診療の場合は保険を使って歯の治療を行うので当然治療に使う材料は安い材料を使用します。ですが、自費診療の場合は全額自己負担なのでどのような材料を使っても良いので高い材料を使って治療もできます。

なので、自費診療と保険診療の違いというのは単に負担額の違いだけでなく
治療の内容にまで違いが出てきます。

また、同じ歯の治療でもどのような治療をやるかも変わってきます。
保険診療の場合は保険診療で許される範囲の治療しかできないですが、
自費診療の場合はもっと違った方法を選んで治療できるという違いがあります。

自費診療なのでその分高額な治療も可能になって患者がより望む治療を受ける事が可能になります。

なので保険診療ではできない治療法で歯の治療ができるという違いがあるのも
自費診療の特徴です。

ご予約・お問合せはこちらから
ページトップへ