歯肉炎ってどんな病気?

歯肉炎ってどんな病気?

2020年02月17日

歯肉炎とは、名前の通り歯茎に炎症を引き起こしている状態を指します。

症状が酷くなると歯茎から血が出てしまったり、さらに進行すると歯が抜けてしまうといった可能性もあります。

 

また、歯肉炎を発症していると口臭の直接的な原因にも繋がっていきます。歯肉炎を発症する原因は様々ですが、最も要因が大きいのは歯垢です。

歯垢は、プラークとも呼ばれており、歯の間や歯と歯茎の間に出来た細菌の塊の事を言います。

この歯垢の細菌が歯茎に入り込む事によって歯肉炎を引き起こしてしまいます。歯肉炎が酷くなってしまうと歯周炎へと進行していき、最終的には歯茎に膿が溜まってしまったり、歯がぐらついたり抜け落ちてしまうといった状態へと繋がっていってしまいます。

 

歯肉炎は、炎症が進行してしまうと歯茎の炎症だけでなく、歯が脱落したり口臭など様々な口内トラブルへと進んでいってしまいます。そのため、歯肉炎にならないようにプラークコントロールを行う事が最も重要となっているのです。

 

プラークコントロールは、毎日の歯磨きの徹底に加えて、歯と歯や歯と歯茎の間の歯垢を除去する事などが挙げられます。さらには、薬用のマウスウォッシュなどを使ったり、ブラッシングやデンタルフロスを使う事で歯の間に歯垢が溜まらないように予防する事が出来ます。

 

日々のケアを確実に実践する事で歯肉炎や歯周炎といった歯の病気を未然に防ぐ事が出来ます。適切なプラークコントロールが重要となります。

ご予約・お問合せはこちらから
ページトップへ