ブログ・ドクターコラム

出っ歯になる理由とは

2020年03月30日

出っ歯になってしまう原因は
大きく分けて2つあります。

1つ目の原因が遺伝です。

そもそも出っ歯とは
下の歯列よりも
上の歯列が極端に前に
出てしまっていることを指します。

つまり遺伝的に
あごの骨格のバランスが悪く
上あごが大きすぎたり
下あごが小さすぎたりすると
前歯が前方に飛び出しているように見えて
出っ歯に見えてしまいます。

2つ目の原因が癖です。
出っ歯になってしまう原因となる癖は
主に4種類あります。

まず1つ目の出っ歯になる癖が
奥歯を使わずに食事をする癖です。
この癖は特に
幼少のころに柔らかいものばかり食べていると
起こります。
奥歯を使わず食事をしていると
歯列の前方で噛むようになり
舌の位置が前方で固定されてしまいます。
そうなると出っ歯の原因となります。

次に2つ目の出っ歯になる癖が
背筋を伸ばさずに背中が丸まった状態で
食事をする癖です。
姿勢が悪く、下向き加減となってしまい
幼少のころから続けてしまうと
舌の筋肉の発達を阻害します。
これも出っ歯の原因となります。

次に3つ目の出っ歯になる癖が
指しゃぶりです。
こちらも幼少のころに癖付いてしまい
なかなか治らずに放置してしまうと
出っ歯の原因となります。

最後に4つ目の癖が
爪噛みです。
この癖は子供だけではなく
大人の人でもちらほらやっている人がいます。
指しゃぶりを卒業して
代わりに爪噛みに走る人も多いようです。
爪噛みは無意識のうちに
舌で上の歯を押していることもあり
出っ歯の原因となっていまいます。

歯茎から血が出たら何の合図?

2020年03月23日

歯茎から血が出る要因は歯周病の可能性が高く、すぐに歯科で検査を受けることが望ましいです。

 

歯茎はデリケートな部分になり歯ブラシを当てても血が出てしまうことも多く、炎症を起こして腫れている状態であればすぐに治さないと症状が悪化することもあります。

 

しかし、このような場合は歯磨きを辞めると腫れが悪化するため、はじめは柔らかいブラシを使って刺激することが大事です。この方法は歯茎の新陳代謝や血行が促進され、新しく強い歯肉を作れるため元気な状態になります。

ただし、わざと硬い歯ブラシで刺激すると歯茎に傷を付け、逆効果になるため注意が必要です。

 

歯茎が腫れて炎症を起こす原因は歯肉炎や歯周病で、歯と歯茎のすき間にいる細菌から排泄される毒素が原因で起きます。

歯茎から血が出たら歯周病や虫歯、歯槽膿漏が起きている可能性が高く、すぐに歯科で検査を受ける必要があります。

治し方は自分自身で勝手に判断すると間違っていることもあり、検査を受けてから最適な方法を決めてもらうことが大事です。

 

出血は歯磨きをするといつの間にか起きていますが、そのまま放置すると症状が悪化して取り返しのつかないことになります。

歯の病気はすみやかに治さないと手遅れになり、口臭が発生すると相手に迷惑がかかり人間関係が悪くなるため注意が必要です。

 

歯から血が出たら何かしらの病気が起きているため、すぐに歯科で検査を受けて改善するようにしないと悪化することになります。