ブログ・ドクターコラム

キシリトールってどんな効果があるの?

2020年01月27日

キシリトールと聞くと歯に良さそうなイメージを持っている方も多いと思いますが、一方で具体的にどんな効果があるのかよく分からないという方も多いと思います。

キシリトールとは白樺や樫などから作られる甘味炭水化物で、様々な製品にキシリトールは使用されています。

虫歯ができる主な原因は歯垢にあって、歯垢に含まれている虫歯菌が摂取した糖分を分解する時に酸を作り、それが虫歯の原因となってしまいます。

それに対してキシリトールは虫歯菌には分解することができないため、他の甘味料とは違ってキシリトールを摂取しても虫歯の原因となる酸は作られません。

さらにキシリトールには酸を作らないことに加え、酸の中和を促進する効果も期待できます。

またキシリトールは口に入れた時に味覚的な刺激により唾液の分泌を促進する効果に加え、唾液の分泌促進によって口内のカルシウムレベルを上げ、歯の再石灰化を促進する効果も期待できます。

歯の再石灰化が促進されて歯が固くなれば虫歯もできにくくなるので、キシリトールには虫歯の予防効果があると言えます。

それに加えてキシリトールには虫歯菌の成長を阻害し、虫歯菌そのものを減少させるという効果もあって、それもキシリトールが虫歯予防に効果的だと言われる理由の1つです。

虫歯菌を減少させる効果は現状では他の甘味料では実証されておらず、キシリトールにしかない効果だと言えます。

このようにキシリトールには虫歯予防に役立つ様々な効果があるので、今後の歯の健康のために参考にしてみてください。

専門職である歯科衛生士と歯科助手の違い

2020年01月20日

歯科というのはご存知のように医科と同様に人間の体の一部である歯や口腔内を修復する医業として大切な任務があります。 歯科の先生というのは此のように大切な任務がありますので、資格を得るには専門の大学を卒業して尚且、歯科医師国家試験に合格しなければなりません。

ところで、歯科の先生が患者さんに対して治療を施す場合は補助者や介助者が必要になります。 其の介助者として必ず先生の周りにいて支持を仰ぐのが、歯科衛生士や歯科技工士、其れに歯科助手ということになります。 周知のように歯科の補助業務として任務に付いている方は概ねは女性(最近は男性もいるようです)になりますが、これらの歯科衛生士や歯科技工士という方々も国家試験に合格した専門士の役割になります。

歯科技工士は専門性の高い技術職の仕事で直接、歯の治療や歯の形を整形するような業務になりますが、更に歯科衛生士というのは、虫歯や歯の病気や疾患を予防することや其のための口腔、口内衛生の向上を図りながら健康づくりをサポートする専門職ということになります。

特に最近では人々の健康づくりが盛んで、其の中でも歯に関することや口腔(口の中全体)を通じた健康づくりが注目を集めていて、役所の保険センターや子供達等の幼稚園や保育園、小学校等の教育関係機関、更には企業関係の医務室、老人や療育施設など、歯科衛生士の役割や活躍の場所が広がっているのです。

一方、歯科治療や医院を営むにはどうしても事務方などの間接的な業務も必要になってきます。 医療事務や受付け、医療室の衛生管理や清掃など、あらゆる雑務的な仕事を賄うのに必要なのが歯科助手ということになります。 勿論、歯科助手というのは前者のような直接的に歯の治療などには携わることもなく国家資格なども必要なく、歯科医師の指示に従って業務を行えば良いことになっています。