ブログ・ドクターコラム

歯周病を放置するリスク

2019年12月23日

歯周病と言われてもあまりピンと来ない人が多いのではないでしょうか。

放っておいても治る事はなく、進行していくだけなので、早めの受診をお勧めします。そして、放っておく事により、出血から、腫れや痒みを伴うようになり、口臭やネバつきを感じるようになります。そして、歯茎が痩せ始め、少しずつ骨が溶けて、突然、歯が抜けてしまいます。そうなると、抜けた歯だけでなく、他の歯にも歯周病は進行しています。

健康な歯が当たり前ではなかったと後悔しても、歯は二度と戻る事はないのです。
歯を失ってしまうと、しっかりと噛む事が出来なくなるので、栄養が偏ってしまったり、脳への刺激も減ることになります。その結果、生活習慣病に繋がってしまったり、体の歪みによる変調や、認知症にまで広がる場合があります。

歯が抜けてうまく話す事が出来ずに会話などに支障が出ると、人とのコミュニケーションが億劫になる事もあります。
もし、歯茎に出血が見られたり、腫れやかゆみを確認する事があれば、すぐに歯科医院で診てもらってください。また、口臭や口の中のネバつきなども歯周病が進行しているサインです。

虫歯と違って、歯周病は、出血でとても痛い思いをしたり、腫れや痒みで堪え難い我慢をする事がありません。腫れなども、一時的におさまる場合もありますが、決して治ったわけではないので、歯を失ってしまわないように、口腔内でおかしいと思った場合は、迷わず、戸惑う事なく、歯科医院で診てもらってください。

口臭を気を付けるためには

2019年12月16日

口臭を気を付けるためには歯磨きがもちろん重要です。

歯磨きをしないと、食べカス等の汚れによってあっという間に口臭が出てしまいます。毎日欠かさず歯磨きをすることは重要ですが、歯磨きをしても口臭が出てしまっているケースもあります。それが、すでに虫歯や歯周病になってしまっているときです。

 

虫歯や歯周病になっていると、口臭が発生しやすくなり歯磨きをしたところでその臭いは消えません。口臭を消したいのであれば歯医者さんに行って治療をしてもらうことが先決です。。

 

虫歯や歯周病などからくる口臭を改善したら、あとはその状態をキープするために定期的な歯磨きをすることが重要です。ただ、歯磨きだけでは不十分です。

 

口臭に対してできる対策はほかにもたくさんあります。たとえば口の中が渇いて菌が繁殖して口臭が出てしまう対策として水分補給が有効ですし、唾液減少による口臭の対策としてはガムを噛むというのも有効です。

 

そのほか、マウスウォッシュや歯間ブラシなども口臭対策として有効です。とにかく口臭というのはちょっと放置していると発生してしまうものなので、気を付けすぎということはありません。

 

ちなみに、口臭の意外な原因としては舌の汚れもあります。舌には舌苔と呼ばれる口の中の粘膜の死んだ細胞だったり、食べカスだったり、血液成分などが付着していることが多いです。

 

そして舌苔は悪臭を放ちます。歯磨きの時にこまめに舌も磨いてあげないと舌苔から口臭が出てしまう場合があります。口臭予防をしたいなら歯磨きの時に舌も磨くことをおススメします。

医療費控除って何?

2019年12月09日

「医療費控除」という言葉をよく耳にしますが、どのような制度なのでしょうか。

医療費控除は、その年の1月1日から12月31日の間に支払った医療費の合計額が10万円(1年間の総所得金額等が200万円未満であった方は、総所得金額等の5%)を超えた金額の分を、総所得金額から引いて所得税を計算してくれる制度です。

ずいぶんと医療費にお金がかかったな、という年に所得税がちょっとでも少なくなるのはとても助かります。

この医療費の合計額というのは、納税するご本人だけではなく、その方と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った分も合算することができます。
歯科治療では保険診療のほかに自由診療もありますが、医療費控除の対象になるものとならないものがあるので注意が必要です。

 

一般的な水準を著しく超える特殊なものは医療費控除の対象外となってしまいます。

 

また、治療に通うためにかかった交通費も合算できます。ただし、バスや電車などの公共交通機関を利用したものは対象となりますが、マイカーで通院したときにかかったガソリン代は残念ながら対象外になるなど、細かいルールがあります。気になる治療費や通院費がある場合は、事前に税務署などに確認をした方が良いでしょう。

また、医療費控除を受けるためにはサラリーマンであっても確定申告をする必要があります。通常は、領収書を見て「医療費控除の明細書」を作り、確定申告書に添えて提出します。ですから、医療機関で受け取った領収書は大事に保管しておくことが大切です。