ブログ・ドクターコラム

歯のメンテナンスってなんで大切?

2019年09月16日

歯磨きをしっかりやって虫歯にならないようにしている人は多いです。
ですが、歯のメンテナンスが大事だと思っている人は意外とそこまで多くないです。

なぜなら、歯で一番大事なのはいかにして虫歯にならないかが大事だと思っている人が多いからです。そして、そのためには自分で歯磨きをしっかりやっていれば良いと思ってしまうからです。

ですが、それは間違っていて実際には普段からしっかり歯科医院に通って
歯のメンテナンスをするのが大事になります。

なぜなら、歯のメンテナンスをしないと気づかない間に歯に悪い影響が出ている事があるからです。特に自分ではしっかり毎日歯磨きをしていると思っていても
歯磨きがそこまで上手でないという人もいます。

そういう人は定期的に歯科医院に通って歯のメンテナスを受けた方が良いです。
それで間違った歯磨きをしていた場合も正しい歯磨きの仕方を指導してもらえますし、また歯に異常があった時にすぐに対処してもらえます。

そして歯のメンテナンスを受ける一番の意味は虫歯になった場合の対処です。
歯を磨いていても虫歯になっている事は案外あります。

また虫歯になった時でも歯のメンテナンスを受けて入れば虫歯になってから
早い段階で気づけるので早く治療できるというメリットもあります。

これで通常なら虫歯になって歯を削らないといけないのが歯を削らなくても
簡単な治療で済むので歯のメンテナンスは定期的にやった方が良いのは確かです。

口臭を気を付けるためには

2019年09月09日

口臭というのは、自分自身ではあまり気付きにくいという特徴もあります。そのために、できるだけ日頃からしっかりとケアをしておくことが大切です。

 

特に、虫歯の放置や歯周病、それらを治療せずにいると、口臭のもとにもなります。そこで、口臭を気を付けたいという方であれば、虫歯や歯周病ケアを十分しておきましょう。

 

歯のメンテナンスは非常に大切ですし、それが口臭予防にもつながるのです。もし、虫歯や歯周病をケアせずそのままにしておけば、周囲の方々に口臭で不快にさせることもあるでしょう。

 

自分の口臭というのは気付きにくいので、できる限り積極的に歯科に通って口臭ケアをしてください。口臭があるとマイナスですし、他の人に迷惑をかけてしまうことも考えられます。おそらく、あなたも他人のタバコのニオイであったり、コーヒーのニオイを感じた経験があるでしょう。

 

口臭はいろいろありますが、虫歯、歯周病でも口臭を発することも考えられるのです。口臭を防ぐためにも、日頃から十分なケアが大切になります。ちょっとしたケアにより、口臭を予防することができるので、口臭を気を付けたいのであれば、歯をしっかりと磨き、歯周病にもならないようにしてください。

 

もし、虫歯ができてしまった場合は、すぐに治してもらいましょう。そうすることで、かなり口臭を改善できる可能性が高いです。普段の心がけにより、口臭をケアできますし、定期的に歯のメンテナンスをしてください。

歯肉炎ってどんな症状なのか?

2019年09月02日

歯ぐきから血が出る、なんとなく歯ぐきが腫れぼったい、と思うことはありませんか?

もしかしたらそれは歯肉炎かもしれません。

 

歯肉炎というのは歯肉に炎症を起こしている状態のことで、歯磨きの際に出血を起こしたり歯茎が赤紫色に変色したり、口臭の原因となることもあります。

 

虫歯のように激痛を感じるということもないため、すぐに治療に行こうと思う方も少ないのではないでしょうか?

 

しかし、この状態を放置し歯肉炎が更に進むと、歯を支えている歯槽骨が壊れていく歯周炎になってしまいます。さらにそれが悪化すると、最終的に歯のぐらつきや膿、強烈な臭いを発生させる歯槽膿漏に進んでしまいます。

 

なぜ歯肉炎が起きてしまうのでしょうか?主な原因は歯垢(プラーク)と言われています。歯垢とは、歯や歯と歯ぐきの間に付着した細菌の塊である歯垢(プラーク)のことで、バイオフィルムとも呼びます。この細菌が持つ毒素が歯肉に侵入すると、身体が毒素の侵入を防ごうとして炎症を起こしてしまうのです。

 

バイオフィルムは丁寧にブラッシングすることで落とすことが可能ですが、磨き残しがあると唾液中のミネラルと混ざり合って石のように硬い歯石となります。歯石となると自力で取ることは難しいでしょう。更に、歯石には歯垢が付着しやすいため、悪循環に陥って症状が進行していきます。

 

また歯肉炎が起こって歯肉が腫れあがると、歯と歯肉の間に隙間ができてしまいます。この隙間に細菌が入り込み、丁寧に歯磨きをしてもどうしても取り除けなくなるため、益々炎症が強くなってしまいます。