ブログ・ドクターコラム

今話題になっているのBPSデンチャーとは

2019年05月15日

今話題になっているのBPSデンチャーとはどういうものか全く分からなないという人もいるかと思います。ではBPSデンチャーとは一体何かというとハメても絶対に落ちないズレない入れ歯の事です。

これを使う事で普通の従来の入れ歯を使うのとは全く違って実際の口の型から
入れ歯を作るのでそれぞれの口の中に合わせて入れ歯を作ってもらえるので
単に入れ歯がズレないだけでなく、不快感もなく入れ歯を使えるという良さがあります。

従来の入れ歯ではどうしても使う人の口腔内に合った入れ歯を使う事ができませんでした。そのせいで食事をしていても全く美味しく食べる事ができませんでした。

ですが、BPSデンチャーの入れ歯を使う事でよりそれぞれの口に合った入れ歯を作る事が可能になって違和感を感じる事なく入れ歯を使用できるようになります。

従来の入れ歯では実際の口にフィットしないのでちょっとした拍子ですぐに
入れ歯が外れる事もありました。ですが、BPSの入れ歯ならそういう事もなく
しっかりハマるのでちょっとした拍子で入れ歯が取れるという事もないです。

そして、これだけの入れ歯を実現できたのはリヒテンシュタインにある歯科企業の
イボクラールビバデント社が開発したシステムによって精密な入れ歯の製作が可能になって実現しました。

どんなに良い入れ歯でも自分に合ってなければ不快に感じるのが入れ歯です。
そういう不快さを排除して入れ歯を使っている感覚なしで使えるのがBPSデンチャの良さです。

今だから知りたい!総入れ歯とは

2019年05月08日

総入れ歯とは、上下顎もしくは上顎・下顎どちらかすべての歯を失った方が、失った派の代わりとして使用する取り外し可能な入れ歯のことです。
失った派を人工歯によって補います。

総入れ歯は、歯茎の部分と人工歯から構成されています。歯茎の部分が粘膜に吸着することで安定させており、人工歯を通じて「噛む」という感触をあごの骨に直接伝険診療の範囲内で作成される総入れ歯の歯茎の部分はプラスチックで作成されています。
このプラスチックは非常に透明性が高く健康的な歯茎の色調に近づけられるものです。

人工歯は硬質レジン歯と呼ばれるプラスチックやセラミックで作られた歯からできています。
また、歯茎粘膜の部分に直接触れる部分はつるつる滑らかになるまで磨き上げられており、舌や唇・頬等周囲の組織と調和して自然な見た目を作り出しています。

その他、入れ歯の表面に細菌が付着することを防いでいます。

歯を失った場合、早めに入れ歯を入れることができなければ、顎の骨まで退縮してしまうため、早めの製作が必要です。
20代のうちから総入れ歯になることも少なくありません。

若い方や女性は総入れ歯に抵抗のある方もいらっしゃいますが、そこから何年も続く人生のために異変を感じられたら早めに歯医者へと足を運ばれてください。

今だから知りたい!部分入れ歯とは

2019年05月01日

歯の治療法には色々なものがありますが、進行が深くなったものは抜歯をすることもあります。抜歯後の処置としては義歯としての入れ歯やブリッジ、インプラントなど色々な手段がありますが、手軽にできるものとし部分入れ歯をする方は多くいます。

部分入れ歯とは両隣の歯に金属製のバネを掛ける方法が一般的です。こちらのバネ式のものは保険適用となっているので比較的安く作れる一方で、金属製という性質から部分入れ歯の箇所が目立ってしまうという審美面での問題もあります。最近ではこのような方に自費診療として金具を使わない部分入れ歯もあり、金属製でないためにアレルギーや負担などが少ないというメリットもあります。

部分入れ歯に限らず入れ歯などは取り外しができるために、使わない時は外して入れ歯洗浄剤を使い保存をしておく必要があります。また部分入れ歯の両隣の歯は汚れやすくなるので、しっかりとした歯磨きを心掛けましょう。部分入れ歯の方専門の歯ブラシなどもありますのでこれを使うのをおすすめしますが、これとは別に部分入れ歯用の歯ブラシも分けておくのも大切です。部分入れ歯自体を綺麗にする歯ブラシは義歯専門のブラシか古くなったブラシなどを活用するのもいいでしょう。

このように部分入れ歯はしっかりと綺麗にしておく必要があるので、何か気になることがあったら歯医者さんに相談するのをおすすめします。