ブログ・ドクターコラム

親知らずって抜かなきゃいけないの?

2019年02月17日

「親知らず」をご存知ですか?親知らずというのは顎の一番奥に生えてくる大臼歯です。

多くの場合、10代の後半になってから生えてくる歯です。20歳の成人を迎えるあたりで抜歯をする方も多いのではないでしょうか。
親知らずは必ず抜く必要があるのか考えて

みましょう。

 

親知らずは最近注目を集めていて、歯を失った時の移植のために親知らずを残しておいた方が良いという主張もあり、一概に抜いた方が良いものとは考えられなくなってきています。

また、親知らずの歯の内部にある細胞は再生治療に役立つと考えられていて、歯を新しく作り出す再生治療に適用することが期待されています。もし親知らずの保存ができる状態なのであれば残しておくのも一つの良い選択肢になるかもしれません。

しかし、親知らずによって虫歯や歯周病のリスクが高まることがあります。親知らずが十分に生えきっておらず、歯ブラシがあたらないと元々あった奥歯が虫歯になるリスクが高まります。残しておくのがベストな選択肢なのかどうかには疑問が残りますね。

歯を抜いた方が良いのかどうかを判断するには、歯科医師の意見を仰ぐことが大切です。自分の口に違和感が生じ、親知らずを発見したとしても、独力で判断するのは避けた方が良いでしょう。

また親知らず自体が虫歯になってしまったときには、抜歯を候補に入れると良かったり、腫れを繰り返すとドライソケットのリスクがあります。自分1人で判断せずに、当院に相談しましょう。

口臭のにおいの原因について

2019年02月10日

あなたは口臭を気にしたことがあるでしょうか?口臭にはいくつかの原因があるのですが、その中には虫歯の放置によって口臭が発生しているということも考えられます。虫歯を治療せずに放置していると、口の中に雑菌が蓄積されていき、その結果、口臭のにおいの原因となっていることも多くあるのです。そのために、口臭のにおいが気になっているという方であれば、もしかしたら虫歯が原因かもしれません。

口臭を改善するためにも、虫歯をしっかりと治療して治すということも大切になるでしょう。そうすることで口臭の原因が取り除かれ、口臭の嫌なにおいが改善されることもあります。虫歯を治療するのが怖いという方も多いかもしれませんが、虫歯をずっと放置したままにしておくのはかなりリスクもありますし、口臭のにおいの原因にもなるために、治療することが重要です。

そこで、石原歯科・矯正歯科でしっかりと治療し、口臭のにおいを取り除けるようにするのがおすすめです。石原歯科・矯正歯科であれば、適切な治療方法で虫歯を治療し、口臭をケアしていくことができます。口臭で悩んでいるという方や、人から指摘された経験があるという場合、石原歯科・矯正歯科で治療をしていくのも良いでしょう。そうすることで、口臭のにおいの原因がわかり、改善していくことができるかもしれません。虫歯が原因で口臭がひどくなっていることも決して珍しくはありませんし、適切に治療していかないとデメリットも多いのです。

舌ブラシが勧められている理由に関して

2019年02月03日

今では市販でもたくさんの舌ブラシが販売されていますが、それだけ舌ブラシの重要性も知られつつあります。

舌ブラシが勧められている主な理由ですが、それは舌に残った舌苔が口臭の原因となっているために、その舌苔をケアするために舌ブラシが必要になるからです。

 

歯磨きをするという人はほとんどだと思いますが、舌磨きをするという人はまだまだ少ないかもしれません。

そこで、舌苔によって口臭が悪化するの防ぐため、舌苔をしっかりと舌ブラシをして取り除けるようにすることが大事になります。

舌ブラシは歯医者も勧めていることですし、定期的に舌の汚れをケアすることが口臭を防ぐ方法の1つでもあります。

 

舌ブラシは市販で安値で販売されているので、スーパーやドラッグストアなどで舌ブラシを購入しておくのが良いでしょう。

 

舌ブラシをすることで舌苔をケアできるので、キレイな舌をキープすることができますし、口臭のもとになっている舌苔を取り除けるのでおすすめです。

舌ブラシで舌を磨く際、注意することもあります。

それは、あまり強くゴシゴシと擦らないことです。

 

舌はとてもデリケートなので、あまり強く磨きすぎるのは良くないですし、出血することがあります。そのため、できるだけ優しく丁寧に舌磨きをしましょう。

 

そうすれば、舌苔もしっかりとキレイになくすことができ、健康的な舌をキープできます。

口臭がするという方であれば、舌苔が原因の場合もあるので

舌ブラシで舌苔をキレイに取り除けるようにしてください。