ブログ・ドクターコラム

歯周病を放置するリスク

2019年12月23日

歯周病と言われてもあまりピンと来ない人が多いのではないでしょうか。

放っておいても治る事はなく、進行していくだけなので、早めの受診をお勧めします。そして、放っておく事により、出血から、腫れや痒みを伴うようになり、口臭やネバつきを感じるようになります。そして、歯茎が痩せ始め、少しずつ骨が溶けて、突然、歯が抜けてしまいます。そうなると、抜けた歯だけでなく、他の歯にも歯周病は進行しています。

健康な歯が当たり前ではなかったと後悔しても、歯は二度と戻る事はないのです。
歯を失ってしまうと、しっかりと噛む事が出来なくなるので、栄養が偏ってしまったり、脳への刺激も減ることになります。その結果、生活習慣病に繋がってしまったり、体の歪みによる変調や、認知症にまで広がる場合があります。

歯が抜けてうまく話す事が出来ずに会話などに支障が出ると、人とのコミュニケーションが億劫になる事もあります。
もし、歯茎に出血が見られたり、腫れやかゆみを確認する事があれば、すぐに歯科医院で診てもらってください。また、口臭や口の中のネバつきなども歯周病が進行しているサインです。

虫歯と違って、歯周病は、出血でとても痛い思いをしたり、腫れや痒みで堪え難い我慢をする事がありません。腫れなども、一時的におさまる場合もありますが、決して治ったわけではないので、歯を失ってしまわないように、口腔内でおかしいと思った場合は、迷わず、戸惑う事なく、歯科医院で診てもらってください。

口臭を気を付けるためには

2019年12月16日

口臭を気を付けるためには歯磨きがもちろん重要です。

歯磨きをしないと、食べカス等の汚れによってあっという間に口臭が出てしまいます。毎日欠かさず歯磨きをすることは重要ですが、歯磨きをしても口臭が出てしまっているケースもあります。それが、すでに虫歯や歯周病になってしまっているときです。

 

虫歯や歯周病になっていると、口臭が発生しやすくなり歯磨きをしたところでその臭いは消えません。口臭を消したいのであれば歯医者さんに行って治療をしてもらうことが先決です。。

 

虫歯や歯周病などからくる口臭を改善したら、あとはその状態をキープするために定期的な歯磨きをすることが重要です。ただ、歯磨きだけでは不十分です。

 

口臭に対してできる対策はほかにもたくさんあります。たとえば口の中が渇いて菌が繁殖して口臭が出てしまう対策として水分補給が有効ですし、唾液減少による口臭の対策としてはガムを噛むというのも有効です。

 

そのほか、マウスウォッシュや歯間ブラシなども口臭対策として有効です。とにかく口臭というのはちょっと放置していると発生してしまうものなので、気を付けすぎということはありません。

 

ちなみに、口臭の意外な原因としては舌の汚れもあります。舌には舌苔と呼ばれる口の中の粘膜の死んだ細胞だったり、食べカスだったり、血液成分などが付着していることが多いです。

 

そして舌苔は悪臭を放ちます。歯磨きの時にこまめに舌も磨いてあげないと舌苔から口臭が出てしまう場合があります。口臭予防をしたいなら歯磨きの時に舌も磨くことをおススメします。

医療費控除って何?

2019年12月09日

「医療費控除」という言葉をよく耳にしますが、どのような制度なのでしょうか。

医療費控除は、その年の1月1日から12月31日の間に支払った医療費の合計額が10万円(1年間の総所得金額等が200万円未満であった方は、総所得金額等の5%)を超えた金額の分を、総所得金額から引いて所得税を計算してくれる制度です。

ずいぶんと医療費にお金がかかったな、という年に所得税がちょっとでも少なくなるのはとても助かります。

この医療費の合計額というのは、納税するご本人だけではなく、その方と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った分も合算することができます。
歯科治療では保険診療のほかに自由診療もありますが、医療費控除の対象になるものとならないものがあるので注意が必要です。

 

一般的な水準を著しく超える特殊なものは医療費控除の対象外となってしまいます。

 

また、治療に通うためにかかった交通費も合算できます。ただし、バスや電車などの公共交通機関を利用したものは対象となりますが、マイカーで通院したときにかかったガソリン代は残念ながら対象外になるなど、細かいルールがあります。気になる治療費や通院費がある場合は、事前に税務署などに確認をした方が良いでしょう。

また、医療費控除を受けるためにはサラリーマンであっても確定申告をする必要があります。通常は、領収書を見て「医療費控除の明細書」を作り、確定申告書に添えて提出します。ですから、医療機関で受け取った領収書は大事に保管しておくことが大切です。

歯のメンテナンスが大切だといわれる理由

2019年11月18日

歯のメンテナンスは、なるべく定期的に行わなければいけません。なぜなら歯のメンテナンスを怠れば、虫歯や歯周病になってしまうリスクが高まるからです。

たとえば歯磨きをしないままずっと放置していたら、もちろん虫歯になるリスクが高まります。食事をすれば食べかすなどが歯や歯茎に残りますので、それを放置しておくと虫歯や歯周病をはじめとしたさまざまな病気を発症してしまいかねません。

また歯のメンテナンスを怠ることは、単に歯が悪くだけの問題にとどまらないです。歯が十分な状態でなければ、食事をまともにとれなくなってしまいます。食生活に悪影響が出れば、それが原因で体調を崩してしまう恐れがあります。

さらに歯周病は口臭の原因の1つだとされていますので、口臭のせいで人間関係に悪影響を与えてしまうことも考えられます。このように歯のメンテナンスを行わないことによる悪影響はとても大きいため、歯のメンテナンスはなるべく継続的に行っていく必要があります。

それはただ単に毎日歯磨きをすることだけではありません。歯ブラシによる歯磨きだけでは十分なメンテナンスができないので、フロスや歯間ブラシを使っていくことが大切です。

ですが自分の力だけでは落とし切れない歯や歯茎の汚れもありますから、何ヶ月かに1回は石原歯科・矯正歯科などをはじめとした歯医者の定期検診を受診することが、歯のメンテナンスを行う上で非常に重要です。これらの歯のメンテナンスをしっかりと心がけることで、歯の健康は守られるのです。

今だから知りたい!親知らずってどんな歯?

2019年11月11日

親知らずは、大臼歯(大人の奥歯)のなかで一番後ろに位置している歯のことです。第三大臼歯が正式な名称であり、智歯(ちし)とも呼ばれています。

一般的に15歳ぐらいに生え揃う永久歯ですが、親知らずが生える時期は18歳から20歳くらいになりかなり遅いです。

小さな子供の頃に生える歯ではないので、親に知られることなく生えてくる歯だということが、その名前の由来と言われているんですよね。

親知らずは、10代後半から20代前半に一番最後に生えてくるはなので、生える場所は残っていないんです。そのため、真っ直ぐに生えてくることができず骨のなかに埋まったままになったり、斜めや横に生えてきたりすることがあります。

真っ直ぐ完全に綺麗な形で生えてくる人は少ないでしょう。そのため、歯磨きをしてもお手入れが難しいですし、虫歯になりやすくなってしまうのです。

親知らずの周りが炎症を起こして腫れてしまったり(智歯周囲炎)、日常生活の中で常に痛みや違和感を覚えたり、親知らずのせいで手前の歯が虫歯になったりなどトラブルになった時には、親知らずを抜いたほうが安心でしょう。

親知らずだからいって、全ての親知らずを抜く必要はありません。歯茎の炎症が繰り返される時や、放置することで虫歯や歯周病を招くリスクが高い時には必要になります。

親知らずの状態によっては、歯肉を切開したり骨や歯を削ったりするので、抜く時には非常に注意しなければいけないですし、手間がかかります。

歯科衛生士と歯科助手の違いとは?

2019年11月04日

歯科に行くと歯科衛生士さんと歯科助手さんがいますが、この2つの職業の違いを知らない方は意外と多いかと思います。

実はこの2つの職業は大きく違うのです。

 

まず歯科衛生士です。歯科衛生士は厚生労働省指定の養成所等を卒業し、国家試験に合格した人のみがなれる国家資格の必要な職業です。業務内容は大きく分けて3つあります。歯や歯肉の状態確認をし、器具を使って歯石を取り除いたり、虫歯予防のお薬を塗ったりする「歯科予防措置」、保育所や学校、高齢者施設等で歯磨きの指導などを行う「歯科保健指導」、歯科医のパートナーとして患者さんの口の中を触ることができるため、診療のサポートを行う「歯科診療補助」です。

これらの歯科医療業務は専門職である歯科衛生士にしかできません。歯科衛生士は国家資格が必要な専門職なだけに、お給料も歯科助手と比べると平均で約10万円程度の差があるようです。

 

次に歯科助手です。歯科助手は歯科アシスタントとも呼ばれ、受付事務、片付けや掃除、診療のための雑務など歯科医療業務以外の業務を担当する職業で、国家資格は必要ありません。そのため、スクールなどで独自に作られた資格を1~2年制のコースで取得します。これは国に認められた資格ではないため、歯科衛生士のように専門的な歯科医療業務は行えません。

もしも行った場合は罰則があります。歯科助手は歯科衛生士と比べてできる仕事の範囲が狭いため、その分お給料も下がってしまうというわけです。歯科衛生士は専門的な歯科医療業務を行える医療業務従事者なのに対して、歯科助手は専門的な医療業務の行えない一般事務職ということになります。

当医院でも歯科衛生士と歯科助手が患者様のケアをサポートしております。

自費診療と保険診療の違い

2019年10月21日

歯科医院に行って歯の治療を受ける時には自費診療と保険診療というのがあります。ですが、基本的には歯科医院に行っても保険診療になると思っている人が大半だと思います。

なぜなら、歯の治療をする以上は保険が適用されると思うからです。
では、実際に自費診療と保険診療の違いはどこかというと、自費診療の場合は
一切保険が適用されずに治療費は全額自己負担になります。

保険診療の場合は保険が適用されるので治療費の一部だけ負担すれば良いです。
また、自費診療と保険治療で違いがあるのは単に保険が適用されるかどうかだけでなく、治療に使う材料でも違いがあります。

保険診療の場合は保険を使って歯の治療を行うので当然治療に使う材料は安い材料を使用します。ですが、自費診療の場合は全額自己負担なのでどのような材料を使っても良いので高い材料を使って治療もできます。

なので、自費診療と保険診療の違いというのは単に負担額の違いだけでなく
治療の内容にまで違いが出てきます。

また、同じ歯の治療でもどのような治療をやるかも変わってきます。
保険診療の場合は保険診療で許される範囲の治療しかできないですが、
自費診療の場合はもっと違った方法を選んで治療できるという違いがあります。

自費診療なのでその分高額な治療も可能になって患者がより望む治療を受ける事が可能になります。

なので保険診療ではできない治療法で歯の治療ができるという違いがあるのも
自費診療の特徴です。

治療前に覚えておきたい銀歯のデメリット

2019年10月14日

虫歯の治療方法としてメジャーな銀歯ですが、白い歯と比較して非常に目立ちやすいだけではなく、口内環境の悪化を招く原因になる可能性もあることから、利用には注意も必要です。

まず、銀歯は診察をした当日に作成することはできませんので、治療の完了までに非常に時間がかかってしまいます。粘土で型を取ってから歯科技工士が制作、完成したものを被せるまでには1週間程度必要になるのが通常です。また、せっかく手間をかけて作った銀歯でも、寿命は約3年から5年ほどです。年数が経つと徐々に黒く変色してきてしまうなど、ただでさえ目立つ見た目がより悪化してしまいます。

 

銀歯はセメントを利用して歯と接着をしますが、徐々にこのセメントが溶け出すことによってそこから菌が入り込み、新たに虫歯になってしまうリスクにも気をつけなければなりません。銀歯は治療後も、長年同じ状態をキープするのが困難な治療方法です。

そもそも、金属アレルギーを持っているかたは銀歯を利用することはできません。また、治療した当初は問題がなくても、金属イオンが唾液で溶けることで体内に蓄積され、ある日突然アレルギー症状を引き起こしてしまうことがあるのも覚えておかなければなりません。口内炎、歯茎の炎症といったトラブルの原因を引き起こすことになります。

頑丈ですし、保険が適用されることから少しでも治療費用も安く抑えたい場合には便利ですが、こうしたデメリットを踏まえた上で選択をすることが大切です。