ブログ・ドクターコラム

歯医者に通う頻度について

2018年12月10日

歯の治療を受ける時は歯周病など状況に応じて決め、医師に検査を受けて予約して通院するように心がける必要があります。歯医者は歯の状態を確かめて通院するタイミングを決めないと意味がなく、予約を確保して帰るように心がけることが大事です。歯の治療は問診を受けて検査を行い、必要に応じて抜いて最適な方法を決めます。歯周病はブラッシングの仕方を決め、歯石を除去して自宅でケアができるようになり医師の指示にしたがって通院する仕組みです。

 

歯医者に通う頻度は状況に応じて異なり、間隔を伸ばすと症状が悪化して手遅れになるため注意が必要です。歯の治療は状態が安定しても組織の悪化を防ぎ、ブラッシングの継続や定期的に通ってメンテナンスをすることが求められます。治療間隔は歯の症状に合わせて決めることが重要で、医師の指示にしたがってケアをして診察を受けることが重要です。歯の病気は状態が悪化すると口臭が発生して周囲に迷惑をかけ、責任を持って改善するように努める必要があります。

 

初めて歯科に通う時はメールで問い合わせるとアドバイスをしてもらえ、予約を取ってスムーズに検査を受けれる状態にすると効果的です。歯周病や虫歯など歯の病気は少しでも手遅れになると改善するまで時間がかかり、インプラントなど保険適用外のの診察を受けることが求められます。保険適用外の場合は治療費が高くなり限度額申請の方法などを案内され、受けやすくなるように準備して通院すると便利です。

インビザラインのメリットとは?

2018年12月03日

歯列矯正を検討している方で、あまりにも様々な方法がありすぎて、どのような方法がベストであるか分からなくなってしまう・・・という事もあるかと思います。

 

また、大人になってからの矯正はワイヤーによって見た目が目立ってしまったり、痛みがあるような治療法には抵抗を感じてしまいますね。そんな中で、メリットが豊富なインビザラインについてご紹介してゆきたいと思います。

 

インビザラインは従来のワイヤーでの治療とは異なり、マウスピース型の矯正となりますので、装置が薄くて見た目も目立ちにくいというメリットがあります。

見た目が目立ちにくいので、人前に立つお仕事の人や、結婚式など大事なイベントを控えていても、見た目に支障なく矯正を行う事ができます。

 

また、ワイヤーのように固定されず、着脱可能なので歯も磨きやすい状態で過ごす事が出来るうえ、装置を洗浄しやすいので、口腔内が清潔な状態で過ごす事ができます。さらに、ワイヤーでの治療はワイヤーを交換した際には強い力で引っ張られているので歯が痛くなってしまう事が多いのですが、インビザラインは段階的にマウスピースのサイズを変更してゆく治療法になるので、痛みも感じにくい手法となっています。

 

初めての矯正で、治療中に見た目が変わったり、痛みを感じる事も少ないため、大人になっても抵抗なく始めやすい矯正法となっています。また、子供にもストレスが少ない方法であると思います。もうストレスを感じる矯正をする時代ではありません。

 

是非インビザラインを選択肢として検討してみましょう。