ブログ・ドクターコラム

キシリトールガムは効果があるの?

2018年09月25日

虫歯の予防にキシリトールガムを噛むといいとよくサイトで見かけますが

実際「キシリトールガムは効果があるの?」と思うことはありませんか?

ガムなので、多少なりとも糖分は入っているわけですし

帰って虫歯の原因にもなりそうなものだと思ってしまいます。

歯は人間が食べ物を食べる上で欠かせない一生モノ。

虫歯の予防がキシリトールガムでもできるのであれば気軽なことこの上ないですよね。
今回は、このキシリトールガムが本当に虫歯予防にとって効果があるのかを調べてみました。

調べてみたところ上記で心配だと記した糖分ですが、キシリトールの中には

その糖分も全てキシリトールガムで補っている物があるようです。

キシリトールというのは白樺やとうもろこしの芯から採取される

キシラン・ヘミセルロースという物質を原料にした天然の甘味料であり、甘みは砂糖と同等ほどだそうです。

ではその甘味料であるキシリトールがなぜ虫歯の予防にいいのか。

キシリトールの甘味は虫歯菌の餌にはならないらしく、餌がなくなるため

虫歯菌が弱って行くという効果があるようです。

餌がないため、「酸」も発生せず、またキシリトールは

酸の中和を促進する働きもあるため唾液も出やすくなるそうです。

唾液が出ると虫歯の抑制にも繋がるため、キシリトールガムを噛むことで

虫歯となる虫歯菌と酸を抑制し、また口内環境を整えてくれるというメリットがあるようです。

この効果は他の甘味料ではみられない特徴です。

キシリトールガムに含まれる糖分が虫歯菌の餌にならないのであれば、心配ごとは無くなりましたね。
キシリトールガムは虫歯を予防するのにおすすめのデンタルガムのようです。

虫歯予防のおすすめ4選

2018年09月03日

1、歯科医での定期的な検診
子供の頃は言っていたけど大人になると仕事も忙しく、なかなか歯医者に定期検診にいけないという方も多いのではないでしょうか。大人になればなるほど定期検診は必要です。年齢を重ねるとともに歯も脆くなり、虫歯により歯を失う確率も大きくなります。自分では毎日きちんと歯磨きをしているつもりでも、やはりプロによるケアにはかないません。おすすめは3ヶ月に1回の定期検診ですが、年に2〜3回でもいいので検診に行かれることをおすすめします。

2、歯間ブラシ等の清掃器具の併用
いくらいい歯ブラシを使っていても歯ブラシだけでは取れる汚れに限界があります。やはり歯と歯の間等は歯間ブラシやデンタルフロス等の清掃器具を使っての日々の歯磨きが大切です。

3、自分の歯の状態にあった歯磨き剤を使う。
現在では市販の歯ブラシ剤も性能は大変良いです。歯周病予防や知覚過敏の人向けのものなども多数販売されています。虫歯予防でしたら、フッ素配合の歯磨き剤を使うだけでも十分予防にはなります。

4、キシリトールの摂取
歯磨き、フッ素の他にキシリトールの摂取も虫歯予防としては効果的です。キシリトールには歯垢や酸を作らないよう働きかける効果もあります。おやつ代わりに、食事の後のお口直しにキシリトールガムを噛むのも良いかもしれません。

皆さんいかがでしたでしょうか。ぜひ虫歯ゼロで健康を維持しましょう。