今だから知りたい!親知らずってどんな歯?

今だから知りたい!親知らずってどんな歯?

2019年11月11日

親知らずは、大臼歯(大人の奥歯)のなかで一番後ろに位置している歯のことです。第三大臼歯が正式な名称であり、智歯(ちし)とも呼ばれています。

一般的に15歳ぐらいに生え揃う永久歯ですが、親知らずが生える時期は18歳から20歳くらいになりかなり遅いです。

小さな子供の頃に生える歯ではないので、親に知られることなく生えてくる歯だということが、その名前の由来と言われているんですよね。

親知らずは、10代後半から20代前半に一番最後に生えてくるはなので、生える場所は残っていないんです。そのため、真っ直ぐに生えてくることができず骨のなかに埋まったままになったり、斜めや横に生えてきたりすることがあります。

真っ直ぐ完全に綺麗な形で生えてくる人は少ないでしょう。そのため、歯磨きをしてもお手入れが難しいですし、虫歯になりやすくなってしまうのです。

親知らずの周りが炎症を起こして腫れてしまったり(智歯周囲炎)、日常生活の中で常に痛みや違和感を覚えたり、親知らずのせいで手前の歯が虫歯になったりなどトラブルになった時には、親知らずを抜いたほうが安心でしょう。

親知らずだからいって、全ての親知らずを抜く必要はありません。歯茎の炎症が繰り返される時や、放置することで虫歯や歯周病を招くリスクが高い時には必要になります。

親知らずの状態によっては、歯肉を切開したり骨や歯を削ったりするので、抜く時には非常に注意しなければいけないですし、手間がかかります。

ご予約・お問合せはこちらから
ページトップへ