歯間ブラシが推奨される理由

歯間ブラシが推奨される理由

2018年07月25日

歯間ブラシは、歯と歯の間と歯肉の間に入れて清掃するためのものです。

食べかすが溜まりやすいのは、歯と歯の間、歯と歯茎の境目、歯の頭の溝です。

歯ブラシを使っても汚れが落ちにくい汚れは歯間ブラシで掃除します。

 

特に、加齢と共に下がってくる歯茎は、菌や食べかすが溜まりやすいので気を付ける必要があります。

歯間ブラシは、歯肉を傷付けてしまいそうで怖い、と思われる人もいますが、

隙間に対して斜めではなく真っ直ぐ水平にブラシを入れるのがコツです。

 

また、歯間ブラシが入らない箇所は無理にブラシを入れると

歯茎を傷めてしまうので無理に入れないようにします

まず、歯間ブラシを使うと、歯ブラシでは落としきれない

歯と歯の間のプラークも落とすことができます。

歯と歯の隙間が殆どない若い人の場合は、歯間ブラシが入りにくいですが

歯と歯の間が広く空いている高齢者は、糸状のデンタルフロスよりも

歯間ブラシの方がしっかり汚れを取ることができます。

歯間ブラシは、歯と歯茎の間の汚れを取ることを得意としています。

 

そのため、ブリッジで隙間ができた箇所などの清掃にもおすすめです。

歯茎に溜まった歯周病菌を絡め取り、歯周病を予防する効果もあります。

歯間ブラシは、ナイロン製、柔らかいゴム製など色々な種類があり、サイズも様々です。

 

自分にとって使いやすい素材とサイズを見つけることも重要です。

そして、古くなってきたり折れてしまったら新しいものと交換するようにして下さい。

ご予約・お問合せはこちらから
ページトップへ