虫歯とは?原因から予防まで

虫歯とは?原因から予防まで

2019年04月15日

虫歯とは、簡単に言うと口の中にいる様々な細菌が作り出す酸によって、歯が溶かされる病気のことです。歯学では、正式には「う歯」といいます。

原因は、歯の表面に付着した歯垢です。歯垢とは、歯の表面に付着した食物のかすや細菌のことをいいます。この歯垢が付いている状態で、細菌の栄養となる糖分を頻繁に摂取すると、歯垢の中の微生物によって酸が作られます。

 

つまり、生活習慣によって、できやすい状態の人とそうでない人がいます。

 

歯垢は、食後およそ4~8時間ほどで作られてしまうので、虫歯予防には毎食後の歯磨きが非常に大切です。
虫歯の症状は、痛みを感じたり、冷たいものや甘いものが染みたりします。

 

しかし、初期段階の、歯の表面を覆うエナメル質内ににとどまっている虫歯の場合、何も症状がありません。そのため、症状のないうちに虫歯が進行していることもあります。

虫歯の診断は、歯の表面に穴が開いてないかチェックしたり、レントゲン写真を確認することで行います。また、レーザーを用いることによって診断する方法もあります。
虫歯は日常生活で気を付けることによって予防できます。

 

食後の歯ブラシを励行することが大切です。

更に、歯間ブラシや糸ようじを使って、歯ブラシが届かない隙間のケアもしっかり行うことが有効な虫歯予防になります。

ご予約・お問合せはこちらから
ページトップへ