どうして歯周病になるの?

どうして歯周病になるの?

2018年03月19日

 

なぜ歯周病になるのかを考えてみましょう。

まず、一番の原因は、虫歯からの細菌です。その虫歯の原因は、磨き残しによる、歯垢が蓄積されて固くなった歯石と言われるものです。単なる磨き残し歯の隙間の歯垢は、いずれ石みたいに固くなり、歯周病へと導くのです。この白い歯垢の中には何億とゆう細菌がいるのです。

また、厄介な事にこの歯周病や虫歯の細菌は、親から子へ移ってしまうのです。なぜうつるのかは、主に口移しの食べ物だと言われています。そして、歯周病のもたらす症状は、口臭、虫歯、歯茎の衰えによる抜歯、出血などです。

弱った歯茎では、生涯自分の歯で食事を出きるだけの力がないので、噛まずに食べるようになります。その噛まないという行為は、人類には悪影響になるのです。噛まない事によって引き起こされる主な症状は、肥満、自律神経の乱れ、脳に伝える伝達物質の異常など様々なのです。そのくらい、歯の中の細菌は重大な事なのです。

虫歯を治療するのなら、歯周病も併せて治療していくことが最も重要だといえるでしょう。虫歯を治療しても、歯周病から、また虫歯となり、いつまでたってもバイ菌が口の中にいることになるのです。

そのバイ菌が一番好むのは、磨き残しの食べ物です。物をたべると、すぐに口の中は酸化してしまうので、ちょこちょこ物を食べる人は、常に虫歯になりやすい環境にあるという事です。

食事の回数も関係してくるのです。時間を決めて食事を取り、食後は歯磨きをするようにしましょう。

ご予約・お問合せはこちらから
ページトップへ