何歳から矯正治療ができるのか?

何歳から矯正治療ができるのか?

2018年10月09日

歯並びが悪かったり、咬み合わせが悪いと、口元の見た目が良くないと言う以上に、様々な問題を起こす要因となりかねません。
例えば顎の正常な成長・発育が阻害されたり、硬いものを食べるのが困難になったり、むし歯や歯周病になりやすく歯の寿命が短くなると言った弊害が生じます。

この歯並びや咬み合わせの悪い状態を放置していると、ますます歯並びや咬み合わせが悪くなる悪循環を招くため、出来るだけ早期に矯正する事が求められます。
しかし、実際に何歳から矯正治療ができるのか?また何歳から始めるべきなのでしょうか?

一般的に矯正歯科治療は成長期・発育期に行うのが良いとされています。これは成長期・発育期に矯正すれば、歯の移動が円滑に行う事が出来るため、治療期間が短くて済むためです。
しかし幼児では多くはまだ乳歯であり、また治療に対応できる分別もなく、矯正は困難な事が多く、ある程度分別のつく年齢からが好ましいと言えます。その意味で小学生高学年から中学生に治療開始する事が多くなっています。
近年では成人でも矯正治療が可能となっていますが、その年齢では成長・発育は当然終了しており、矯正効果を得るために、治療期間がどうしても長くなってしまいます。またむし歯治療をされているケースも多く、こうした場合には矯正に制約が生じてしまいます。

以上の様に、矯正は分別が付く年齢で、発育期・成長期である小学校高学年から中学校にかけてが治療開始に最適と言えます。
子供さんの歯並びが気になる場合には、矯正歯科医に相談される事がお勧めです。

ご予約・お問合せはこちらから
ページトップへ