出っ歯になる理由とは

出っ歯になる理由とは

2020年03月30日

出っ歯になってしまう原因は
大きく分けて2つあります。

1つ目の原因が遺伝です。

そもそも出っ歯とは
下の歯列よりも
上の歯列が極端に前に
出てしまっていることを指します。

つまり遺伝的に
あごの骨格のバランスが悪く
上あごが大きすぎたり
下あごが小さすぎたりすると
前歯が前方に飛び出しているように見えて
出っ歯に見えてしまいます。

2つ目の原因が癖です。
出っ歯になってしまう原因となる癖は
主に4種類あります。

まず1つ目の出っ歯になる癖が
奥歯を使わずに食事をする癖です。
この癖は特に
幼少のころに柔らかいものばかり食べていると
起こります。
奥歯を使わず食事をしていると
歯列の前方で噛むようになり
舌の位置が前方で固定されてしまいます。
そうなると出っ歯の原因となります。

次に2つ目の出っ歯になる癖が
背筋を伸ばさずに背中が丸まった状態で
食事をする癖です。
姿勢が悪く、下向き加減となってしまい
幼少のころから続けてしまうと
舌の筋肉の発達を阻害します。
これも出っ歯の原因となります。

次に3つ目の出っ歯になる癖が
指しゃぶりです。
こちらも幼少のころに癖付いてしまい
なかなか治らずに放置してしまうと
出っ歯の原因となります。

最後に4つ目の癖が
爪噛みです。
この癖は子供だけではなく
大人の人でもちらほらやっている人がいます。
指しゃぶりを卒業して
代わりに爪噛みに走る人も多いようです。
爪噛みは無意識のうちに
舌で上の歯を押していることもあり
出っ歯の原因となっていまいます。

ご予約・お問合せはこちらから
ページトップへ