歯茎から血が出たら何の合図?

歯茎から血が出たら何の合図?

2020年03月23日

歯茎から血が出る要因は歯周病の可能性が高く、すぐに歯科で検査を受けることが望ましいです。

 

歯茎はデリケートな部分になり歯ブラシを当てても血が出てしまうことも多く、炎症を起こして腫れている状態であればすぐに治さないと症状が悪化することもあります。

 

しかし、このような場合は歯磨きを辞めると腫れが悪化するため、はじめは柔らかいブラシを使って刺激することが大事です。この方法は歯茎の新陳代謝や血行が促進され、新しく強い歯肉を作れるため元気な状態になります。

ただし、わざと硬い歯ブラシで刺激すると歯茎に傷を付け、逆効果になるため注意が必要です。

 

歯茎が腫れて炎症を起こす原因は歯肉炎や歯周病で、歯と歯茎のすき間にいる細菌から排泄される毒素が原因で起きます。

歯茎から血が出たら歯周病や虫歯、歯槽膿漏が起きている可能性が高く、すぐに歯科で検査を受ける必要があります。

治し方は自分自身で勝手に判断すると間違っていることもあり、検査を受けてから最適な方法を決めてもらうことが大事です。

 

出血は歯磨きをするといつの間にか起きていますが、そのまま放置すると症状が悪化して取り返しのつかないことになります。

歯の病気はすみやかに治さないと手遅れになり、口臭が発生すると相手に迷惑がかかり人間関係が悪くなるため注意が必要です。

 

歯から血が出たら何かしらの病気が起きているため、すぐに歯科で検査を受けて改善するようにしないと悪化することになります。

ご予約・お問合せはこちらから
ページトップへ