歯周病を放置するリスク

歯周病を放置するリスク

2019年12月23日

歯周病と言われてもあまりピンと来ない人が多いのではないでしょうか。

放っておいても治る事はなく、進行していくだけなので、早めの受診をお勧めします。そして、放っておく事により、出血から、腫れや痒みを伴うようになり、口臭やネバつきを感じるようになります。そして、歯茎が痩せ始め、少しずつ骨が溶けて、突然、歯が抜けてしまいます。そうなると、抜けた歯だけでなく、他の歯にも歯周病は進行しています。

健康な歯が当たり前ではなかったと後悔しても、歯は二度と戻る事はないのです。
歯を失ってしまうと、しっかりと噛む事が出来なくなるので、栄養が偏ってしまったり、脳への刺激も減ることになります。その結果、生活習慣病に繋がってしまったり、体の歪みによる変調や、認知症にまで広がる場合があります。

歯が抜けてうまく話す事が出来ずに会話などに支障が出ると、人とのコミュニケーションが億劫になる事もあります。
もし、歯茎に出血が見られたり、腫れやかゆみを確認する事があれば、すぐに歯科医院で診てもらってください。また、口臭や口の中のネバつきなども歯周病が進行しているサインです。

虫歯と違って、歯周病は、出血でとても痛い思いをしたり、腫れや痒みで堪え難い我慢をする事がありません。腫れなども、一時的におさまる場合もありますが、決して治ったわけではないので、歯を失ってしまわないように、口腔内でおかしいと思った場合は、迷わず、戸惑う事なく、歯科医院で診てもらってください。

ご予約・お問合せはこちらから
ページトップへ