歯周病を放置するリスクについて

歯周病を放置するリスクについて

2019年07月15日

口の中の病気として、歯周病はよく知られていますね。

 

歯周病は、歯に溜まった汚れであるプラークとそのなかの歯周病菌によって炎症が起こり、歯周組織が傷むことが原因になります。ほかにも喫煙や他の病気の影響、歯ぎしりや歯並びの悪さなどが原因になります。

歯周病はすぐには痛みが出るわけではないので、放置してしまう人が多いんです。しかし、ずっと放置することによって、歯茎が痛み、支えを失った歯が抜けてしまうことにつながります。

さらには、体内に入り込んだ歯周病菌が、他の重大な疾患を引き起こすリスクがあります。たとえば誤嚥性肺炎といって、歯周病の原因菌が気道にはいって起こるケースが多いです。口腔内の細菌が入ることで起こる病気には細菌性心内膜炎などもあります。また動脈硬化が悪化して、脳梗塞や心筋梗塞につながることもあります。糖尿病や肥満など、他の生活習慣病を引き起こす傾向も高いです。また早産のリスクも高くなります。

歯周病は、単なる口のなかの病気ではなく、かなり多くの病気に関係していることがわかりますね。
最初は歯磨きの途中に歯茎から血が出る、歯茎が腫れて痛い、などの症状が気になる程度です。進行するにしたがって歯がぐらつき、歯茎が腫れてしまう、など症状がひどくなっていきます。

日本人の成人の約8割がかかっている病気と言われていますが、本人は気づかずに放置し、症状が悪化してから歯科医院に行くケースも多いです。気になる症状があったら、早めに診察を受けることが必要です。

ご予約・お問合せはこちらから
ページトップへ