歯周病はどんな病気なの?

歯周病はどんな病気なの?

2020年02月03日

歯周病は日本だけではなく世界中で多くの方が発症している病気であることは認識しておく必要があります。

そもそも歯周病テレビや新聞などでも目にすることがある言葉であるので、多くの方が一度は聞いたことがあるものだと思います。

 

ですが、この歯周病は放置をしてしまうと後々大変なことになってしまう病気であります。歯周病は、口腔内で歯周病菌が繁殖することで炎症を引き起こします。それが悪化すると顎の骨を溶かしてしまいます。

そうなると歯が抜け落ちてしまいます。ここまで聞けば歯周病は決して甘く考えてはいけない病気だということが理解できるかと思います。

 

歯周病菌は、歯と歯茎の境目に汚れが溜まることでそこの部分に歯周病菌が繁殖して歯茎に対して炎症を引き起こします。ではこうした歯周病をそのままずっと放置してしまうとどういったリスクが考えられるのかと言いますと、それは主に3つあります。

 

1つ目は狭心症になるリスクがあります。狭心症の主な原因で多くの方が知っているのは動脈硬化ですが、それ以外にも歯周病菌が出す毒素も関係しているとされています。つまり、歯周病を放置していると狭心症になるリスクが高まるわけです。

 

2つ目は生活習慣病になるリスクがあります。生活習慣病というのは、高血圧や糖尿病さらには肥満や内臓疾患そして呼吸器系疾患、脳血管疾患などのことを言います。この他にも歯周病も生活習慣病の一つに含まれています。

 

3つ目は誤嚥性肺炎になるリスクもあります。歯周病菌は歯茎の炎症を引き起こすだけでなく肺炎を引き起こす原因にもなっています。

ご予約・お問合せはこちらから
ページトップへ