何歳から矯正治療ってできるの?

何歳から矯正治療ってできるの?

2019年08月19日

時期が早いケースでは、乳歯でも治療を受ける場合があります。ただし子供の顎の骨格によっては、すぐに治療できない場合もあり、適切な時期に治療をすることが大切です。

もちろん年齢が若いほど身体が成長し、歯も動きやすいため、積極的な治療が可能なこともあります。

 

もし大人になってからの治療した場合ではどうでしょうか。年齢が若い時に比べると歯が動きにくいため、治療が長期化する場合があります。

 

またすぐに矯正治療ができない場合もあります。

例えば親知らずを抜く必要があったり、抜歯が必要な時もあります。そうなると通院が多くなり、大人になってからの治療は長期にわたって続くため、治療費も高くなりがちです。

また歯は後戻りという、元の場所に戻ろうとする性質があります。長い時間間違った位置にあった歯は、正しい位置に動かしてもその分後戻りが起きやすく、装置をはずした後もマウスピースをはめるなど、管理が必要です。

このように大人になってからの治療するよりは、少しでも早く治療をすることが大切です。

 

しかし早ければ全ての人が治療を受けられるわけでもありません。子供の成長スピードもそれぞれです。

重要なのはそれぞれに必要な矯正治療のタイミングを見極めることです。歯並びが気になったらまずは相談に行き、治療計画を聞きましょう。

 

子供のうちから矯正治療を受けることにより、正しいかみ合わせができ、食べ方の癖を治すきっかけにもなります。そして少しでも長く笑顔で過ごせる時間が増えていきます。

ご予約・お問合せはこちらから
ページトップへ