口臭を気を付けるためには

口臭を気を付けるためには

2019年12月16日

口臭を気を付けるためには歯磨きがもちろん重要です。

歯磨きをしないと、食べカス等の汚れによってあっという間に口臭が出てしまいます。毎日欠かさず歯磨きをすることは重要ですが、歯磨きをしても口臭が出てしまっているケースもあります。それが、すでに虫歯や歯周病になってしまっているときです。

 

虫歯や歯周病になっていると、口臭が発生しやすくなり歯磨きをしたところでその臭いは消えません。口臭を消したいのであれば歯医者さんに行って治療をしてもらうことが先決です。。

 

虫歯や歯周病などからくる口臭を改善したら、あとはその状態をキープするために定期的な歯磨きをすることが重要です。ただ、歯磨きだけでは不十分です。

 

口臭に対してできる対策はほかにもたくさんあります。たとえば口の中が渇いて菌が繁殖して口臭が出てしまう対策として水分補給が有効ですし、唾液減少による口臭の対策としてはガムを噛むというのも有効です。

 

そのほか、マウスウォッシュや歯間ブラシなども口臭対策として有効です。とにかく口臭というのはちょっと放置していると発生してしまうものなので、気を付けすぎということはありません。

 

ちなみに、口臭の意外な原因としては舌の汚れもあります。舌には舌苔と呼ばれる口の中の粘膜の死んだ細胞だったり、食べカスだったり、血液成分などが付着していることが多いです。

 

そして舌苔は悪臭を放ちます。歯磨きの時にこまめに舌も磨いてあげないと舌苔から口臭が出てしまう場合があります。口臭予防をしたいなら歯磨きの時に舌も磨くことをおススメします。

ご予約・お問合せはこちらから
ページトップへ