部分入れ歯のメリット・デメリット

部分入れ歯のメリット・デメリット

2018年08月27日

部分入れ歯にするか迷っている時に知りたい方へ、

部分入れ歯のメリット・デメリットを書いていきます。

 

まず診察方法は保険適用と自費があり、術後の効果以外に費用が大きく変わるため

当院で検査を受けて最適な方法を決めると安心して受けることができます。

保険適用の場合は入れ歯は材質にプラスチックのレジンを用いるために

厚さがあるため熱が伝わりにくく、多少の違和感を感じることがあります。

 

自費治療の場合は薄くて熱が伝わりやすく周囲からの見た目が良くなり

ズレることや痛みが発生しないようになることが魅力です。

 

歯科で診察を受ける時はそれぞれのメリットやデメリットを確かめ

今後の人生につながるようにしてもらう必要があります。

 

ブリッジの治療も保険適用と自費があり、前者の場合は見た目が不自然になりますが

後者は悪さを改善してくれるために気にならないことがメリットです。

入れ歯は保険適用されてインプラントのように高額になることを防げますが

硬いものを食べにくいことや歯間につまりやすく不衛生になりやすいです。

 

部分入れ歯は歯科技工士と打ち合わせをして最適な形状にすることを考え

よく噛めるようにして食事などをしやすくすると満足できます。

 

歯の治療を受ける時は保険が適用されるか否かで治療費が大きく変わりますが

メリットやデメリットを確かめて最適な方法を決めることが大事です。

ご予約・お問合せはこちらから
ページトップへ