インプラントと入れ歯の違い

インプラントと入れ歯の違い

2018年07月31日

インプラントと入れ歯の違いはたくさんありますが

一番大きな違いは人工歯根があるかどうか、という点です。

 

インプラントは顎の骨に人工歯根を埋め込んでその上に歯を造るという治療になりますが

入れ歯は手術などは必要なく歯茎の上に義歯をおくだけということです。

 

そのため入れ歯の方が歯を失ってすぐに対応でき、完成までの待ち時間も短くて済むわけです。

 

また材質によっては健康保険が適用されることもあり

インプラントに比べると安価に造ることが出来ます。

しかし、違いはそれだけではありません。

 

もしインプラントであれば人工歯根に完全に固定されるために

噛みあわせを正確にとることができますし、外す必要がありませんから

歯磨きなどの一般的なケアで良いです。

 

柔らかい樹脂部分がないので臭いの心配もありませんし

がたつきがなくて発音も問題ないでしょう。

 

しかし入れ歯は噛みあわせをとるのが難しい上に外して洗浄し

専用の物に保管するなどケアに手間がかかります。

 

臭いもつきやすいですし、発音が不明瞭になりやすいというデメリットもあります。

 

インプラントにもデメリットはありますが

それが完成するまでに時間がかかるということと、高額な支払いが必要になるということです。

 

一度インプラント治療しておけば、その後の手間暇かかる

入れ歯特有のデメリットはありませんから、両者のいろんな面をしっかりと考えて

納得するまで何度も説明をしてもらって決めるようにしましょう。

ご予約・お問合せはこちらから
ページトップへ