歯のメンテナンスが大切だといわれる理由

歯のメンテナンスが大切だといわれる理由

2019年11月18日

歯のメンテナンスは、なるべく定期的に行わなければいけません。なぜなら歯のメンテナンスを怠れば、虫歯や歯周病になってしまうリスクが高まるからです。

たとえば歯磨きをしないままずっと放置していたら、もちろん虫歯になるリスクが高まります。食事をすれば食べかすなどが歯や歯茎に残りますので、それを放置しておくと虫歯や歯周病をはじめとしたさまざまな病気を発症してしまいかねません。

また歯のメンテナンスを怠ることは、単に歯が悪くだけの問題にとどまらないです。歯が十分な状態でなければ、食事をまともにとれなくなってしまいます。食生活に悪影響が出れば、それが原因で体調を崩してしまう恐れがあります。

さらに歯周病は口臭の原因の1つだとされていますので、口臭のせいで人間関係に悪影響を与えてしまうことも考えられます。このように歯のメンテナンスを行わないことによる悪影響はとても大きいため、歯のメンテナンスはなるべく継続的に行っていく必要があります。

それはただ単に毎日歯磨きをすることだけではありません。歯ブラシによる歯磨きだけでは十分なメンテナンスができないので、フロスや歯間ブラシを使っていくことが大切です。

ですが自分の力だけでは落とし切れない歯や歯茎の汚れもありますから、何ヶ月かに1回は石原歯科・矯正歯科などをはじめとした歯医者の定期検診を受診することが、歯のメンテナンスを行う上で非常に重要です。これらの歯のメンテナンスをしっかりと心がけることで、歯の健康は守られるのです。

ご予約・お問合せはこちらから
ページトップへ