キシリトールってどんな効果があるの?

キシリトールってどんな効果があるの?

2020年01月27日

キシリトールと聞くと歯に良さそうなイメージを持っている方も多いと思いますが、一方で具体的にどんな効果があるのかよく分からないという方も多いと思います。

キシリトールとは白樺や樫などから作られる甘味炭水化物で、様々な製品にキシリトールは使用されています。

虫歯ができる主な原因は歯垢にあって、歯垢に含まれている虫歯菌が摂取した糖分を分解する時に酸を作り、それが虫歯の原因となってしまいます。

それに対してキシリトールは虫歯菌には分解することができないため、他の甘味料とは違ってキシリトールを摂取しても虫歯の原因となる酸は作られません。

さらにキシリトールには酸を作らないことに加え、酸の中和を促進する効果も期待できます。

またキシリトールは口に入れた時に味覚的な刺激により唾液の分泌を促進する効果に加え、唾液の分泌促進によって口内のカルシウムレベルを上げ、歯の再石灰化を促進する効果も期待できます。

歯の再石灰化が促進されて歯が固くなれば虫歯もできにくくなるので、キシリトールには虫歯の予防効果があると言えます。

それに加えてキシリトールには虫歯菌の成長を阻害し、虫歯菌そのものを減少させるという効果もあって、それもキシリトールが虫歯予防に効果的だと言われる理由の1つです。

虫歯菌を減少させる効果は現状では他の甘味料では実証されておらず、キシリトールにしかない効果だと言えます。

このようにキシリトールには虫歯予防に役立つ様々な効果があるので、今後の歯の健康のために参考にしてみてください。

ご予約・お問合せはこちらから
ページトップへ