銀歯のデメリットって知っていますか?

銀歯のデメリットって知っていますか?

2019年08月12日

銀歯は保険適用される一般的に行われている虫歯治療方法です。保険適用されるため、他の素材よりも安く治療を受けらことや壊れにくいメリットはありますが、それ以上のデメリットがあります。

銀歯には金属を使用しますが、金属を歯の形にしっかりと合うように配慮をしていても、どうしても金属と歯の間にすき間ができます。そのすき間は30ミクロンほどとわずかなのですが、このわずかなすき間に口の中に棲みつく雑菌が入り込んでしまいます。

 

金属と歯のすき間を歯ブラシで清潔にすることはできず、金属と歯の間で雑菌が繁殖をして虫歯が進行をします。金属のかぶせものを取ると虫歯で歯が真っ黒になっているということは珍しくありません。
虫歯が進行をしたら金属を取り外して虫歯を削り、再度新しい金属をかぶせることになります。この繰り返しで歯を失ってしまうことがあります。

また、体への影響も心配されています。
銀歯にはアマルガムという金属が使用されています。アマルガムには水銀が含まれており、食べものや唾液などによって次第に水銀が溶けだし、体の中に取り込んでしまうことになります。水俣病を引き起こした有機水銀のメチル水銀とは別の無機水銀のアマルガムですが、日本抗加齢学会などが健康への影響を危険視しています。

そして、もともと金属アレルギーを持っていない人でも、口の中で溶けだした金属を摂取し続けて体内に蓄積することで金属アレルギーを引き起こす心配もあります。

ご予約・お問合せはこちらから
ページトップへ