ラミネートベニアって何

ラミネートベニアって何

2019年03月18日

ラミネートベニアという言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは羽野見た目を良くすることを目的とした治療です。ここではラミネートベニアについて紹介します。

 

◆歯の色や形を改善する治療
特に前歯など、歯の色や形が気になるという悩みを持つ人は少なくありません。ラミネートベニヤというのは歯の表面を薄く削ることにより、色や形を改善するための治療を指します。例えば多くの女性は付け爪を利用していますよね。付け爪を利用するときには自分なりに爪を薄く削り、表面に付け爪を貼ります。それと同様に薄く削った歯の表面にさらに薄いセラミックの歯をつけることで、より体に負担をかけることなく見た目を良くすることができるのです。
ラミネートベニアを行う場合、波野表面を0.5ミリほど削ります。そこに実際の歯の色や形と揃っているセラミックの覇王くっつけるだけで終わりますので、体に負担がありません。

 

◆ラミネートベニアのメリットとは
ラミネートベニアは2回から3回の治療をするだけで終わりますから、治療期間が長くかかりません。被せ物をする場合は歯をかなり削らなければいけないですが、ラミネートベニアの場合はあくまでも0.5ミリほど削るだけですので負担も少なく、噛み合わせなどに違和感も出ません。なかなかはが白くならないという悩みがあっても問題なく、もしも歯が茶色くなってしまって悩んでいるなどという場合はラミネートベニアを用いることで大きく改善させることができます。

 

◆ラミネートベニアのデメリットとは
ラミネートベニアを長い間利用すると加齢によって歯茎の形が変わってしまい、再び治療を受けなければならなくなる可能性もあります。

ご予約・お問合せはこちらから
ページトップへ