ポピュラーでありながらデメリットも多い銀歯による虫歯治療

ポピュラーでありながらデメリットも多い銀歯による虫歯治療

2019年07月01日

進行した虫歯に施される治療で、保険も適用されることから銀歯で詰めものをするかたが多く見られます。

安上がりでポピュラーな方法ですし、セラミックなどと比べると丈夫です。

ただ、銀歯にもデメリットがありますので、その点を踏まえて上で治療を選ぶ必要があります。

まず、金属アレルギーがある場合には利用することができません。銀歯に含まれている金属イオンは唾液に溶けて吸収され、身体に蓄積されていきますし、体質に合わなければ余計に口内環境を悪化させ、体調不良を引き起こしかねません。

 

治療の前には必ずアレルギーの有無が確認されますが、銀歯にした当初は問題はなくても、体質の変化でアレルギー反応が引き起こされる可能性にも注意がいります。

また、歯と銀歯はセメントを用いて接着していますが、治療から月日が経つとこのセメントが溶け出して、歯の間にわずかに隙間ができてしまいます。ここからさらに虫歯菌が入り込んで再発をしてしまうことが少なくなく、密着性においてはレジンやセラミックなどの素材と比較して劣っているのがデメリットです。

特に、下の奥歯の銀歯は再び虫歯になりやすい傾向にありますので、定期的なメンテナンスを欠かすことはできません。

銀歯は見た目を著しく損なうという大きな欠点もあります。奥歯であっても口を開けば目立ちますし、前歯には積極的に使用しづらい素材です。銀歯を被せ続けていると金属成分が歯茎に影響を及ぼし、黒ずませてしまいます。

こうしたリスクを理解し、適切な治療を選ぶことが大切です。

ご予約・お問合せはこちらから
ページトップへ